セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

楽天でんわアプリの登録方法から設定までの流れを解説

楽天でんわアプリの登録方法から設定までの流れを解説


楽天でんわアプリの登録方法から設定までの流れを解説



通話料金を半額にできるお得なアプリである楽天でんわ。


その楽天でんわの設定は、実際にやろうとすると結構やることが多かったのを覚えています。


そこで、同じように楽天でんわを利用したい方向けに、登録方法から設定完了まで利用できる状態になるまでの流れを解説いたします。



利用登録の方法

楽天でんわのアプリを利用するためには、利用登録を行う必要があります。


PCとスマホいずれからでもできますが、入力項目が多いのでPCから利用登録するのがおすすめです。


利用登録手順をこちらにまとめました。



利用登録の方法 1. 楽天でんわのトップページにアクセスします
  ※下記バナーから直接トップページにリンクしております
2. 楽天でんわ利用登録はこちらをクリック
3. お申込方法で、既に楽天会員の方は「楽天会員ログイン」へ進んでください
  ※楽天会員登録がはじめての方は、「お申込フォームへ」へ進んで楽天IDとパスワードを発行してください
4. 楽天会員のユーザーIDとパスワードを聞かれますので、入力し「ログイン」をクリック
5. アプリケーションの利用を許可するか確認されますので、「同意する」をクリック
6. 関連させる携帯電話番号を入力します
7. その他、氏名、住所等は楽天IDから自動的に入力されていますので、合っているか確認します
8. クレジットカードの番号を入力します
9. 獲得する楽天スーパーポイントの番号も自動で入力されていますので、合っているか確認します
10. インターネット明細についてチェックを入れます(ウェブで明細を確認する)
11. 電子交付についてチェックを入れます
12. 規約を確認してチェックを入れます
13. 申込内容を確定するをクリックします



通話料金を半額にできるお得なアプリ楽天でんわに興味を持っていただけた方は、導入を検討してみてください。


楽天でんわの導入はこちらから





登録お疲れ様でした。


完了すると、楽天でんわのIDとパスワードが発行されますので、必ずメモして置いてください。



アプリの登録方法

次に、楽天でんわのアプリと登録情報の紐付けを行います。


まずは、楽天でんわのアプリをダウンロードします。


iphoneの方は、App storeから「楽天でんわ」と検索してインストールします。


Androidの方は、Google Play Storeから「楽天でんわ」と検索してインストールします。


利用登録の方法 1. 楽天でんわのアプリをタップします
2. 「必要な権限について」OKをタップ
3. 「楽天でんわについて発信及び発着信の管理について」許可をタップ
4. 「連絡先へのアクセス」について許可をタップ
5. ご自身の利用している通信会社が楽天モバイルかそれ以外かを確認してタップ
6. チュートリアルが表示されますので、確認して右上の×ボタンをタップ



以上で楽天でんわの基本的な設定が完了しましたので、利用することができます。



その他設定

無料通話対象者がいる場合、楽天でんわから発信しないことを注意すれば大丈夫ですが、ついうっかり利用してしまわないように、楽天でんわに事前に登録しておくこともできます。


無料通話リストの登録方法 1. 楽天でんわのアプリをタップします
2. 画面右下の「設定」をタップ
3. 無料通話リストをタップ
4. 画面右上の「+」マークをタップ
5. アドレスリストが表示されるので、登録したい人をタップ


これで、楽天でんわから発信しても除外されるので安心して利用できます。



まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。


携帯から通話すると30秒20円+税がかかる方は、料金が半額になるお得なアプリの楽天でんわの登録方法から設定について解説いたしました。


私が実際に登録したときに、何をどうして良いかわからず、ホームページを確認したり調べながらでしたので少し苦労した経験がありました。


同じようにこれから利用してみたいという方に、少しでもスムーズにできる手助けになればと思い記事にいたしました。


手順として記載すると、面倒に感じる方もいるかも知れませんが、少しの手間で安くなりますので、ここは手間賃と割り切って手続きしてみてください。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。



楽天でんわのメリット・デメリットなどについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい