セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

Apple Payとは? iphoneでらくらくお会計! 仕組みをやさしく解説

Apple Payとは? iphoneでらくらくお会計! 仕組みをやさしく解説


Apple Payとは? iphoneでらくらくお会計! 仕組みをやさしく解説



iphone7からApple Pay(アップルペイ)が利用できるようになりました。

Apple Payは利用するとお財布と小銭要らずで、iphoneを持っていれば支払いが出来ますので非常に便利です。

この記事では、Apple Payについてやさしく記載したいと思います。



Apple Payとは?

昔お財布ケータイというものがありましたが、覚えている方も聞いたことある方も多いのではないでしょうか。

Apple Payのイメージとしてはお財布ケータイそのものです。

会計時にiphoneをかざして支払いますのでイメージはそのものなのですが、ただ仕組みは全く異なります。

お財布ケータイは携帯に埋め込まれたICチップがあり、レジでかざすとそのICチップの情報を読み取って会計するという仕組みでした。

一方Apple Payの仕組みですが、iphoneにクレジットカードを登録します。

そのクレジットカードとiphoneとを紐付け行い、iphoneをかざして支払う仕組みです。

実際の支払いは、iphoneに紐づけたクレジットカードで行っています。

つまり、Apple Payとはiphoneを通したクレジットカード決済と理解して頂くとイメージが湧くのではないでしょうか。

そのため、Apple Payを利用するためにはクレジットカードが必要になります。



決済時の取り扱いについて

Apple Payで支払う際には電子マネーの機械にかざす必要があります。

利用する際にはポストペイ型(後払い方式)電子マネーとして利用することとなります。

そのため、支払いの時には「Apple Payで支払います」と言わないように注意して下さい。

Apple Payでというと、対応したレジの人が焦ってしまったり、首を傾げられたり、対応できませんと言われてしまうかもしれません。

Apple Payで支払いしたい場合は、iD(アイディー)かQUICPay(クイックペイ)のいずれかの電子マネーとして利用することとなりますので、iDまたはQUICPayで支払いますと伝えて下さい。



iD・QUICPayどちらで支払えばよいか?

Apple Payを利用して支払いしたい場合、iD(アイディー)またはQUICPay(クイックペイ)どちらで支払うかと言いますと、実は登録するクレジットカードの発行会社によって決まっています。

iD(アイディー)は、三井住友系列に属するカードが対象です。

QUICPay(クイックペイ)は、JCB系列に属するカードが対象です。

と説明してもクレジットカードに詳しい人でもわからないですよね。

見分け方は非常に簡単で、クレジットカードをiphoneに取り込んだ後、ホームボタンを二回クリックします。(Apple Payで支払う時の操作です)

すると登録したクレジットカードの画像が表示されますので、"Q"のマークが付いていたらQUICPay(クイックペイ)です。

"iD"のマークが付いていたらiD(アイディー)です。



SuicaもApple Payで利用できる

JR東日本の電子マネーであるSuicaですが、Apple Payで利用できます。

モバイルSuicaか今持っている磁気カードのSuicaがあれば、iphoneに取り込んでApple Payで利用できます。

Apple PayでSuicaが利用できるということは、iphoneを駅の改札でかざせば「ピッ」と音が鳴ってゲートを通過できるということです。

Apple Payを利用すれば、買い物も電車も乗れてしまうというまさに多機能で快適そのものといえます。

ただし、SuicaはQUICPayやiDと異なり事前チャージ型の電子マネーですので、改札をくぐる前に残高があるか確認が必要です。

ちなみに、Suicaにはオートチャージ機能があるのですが、対応しているのはVIEWマークが付いたクレジットカードだけですので注意が必要です。

磁気カードとして作った方は、Suica作成時にデポジット500円を支払っていますが、iphoneにSuicaを取り込むとその500円はSuicaの残高に加算されますのでご安心下さい。

しかもApple Payの場合、年会費無料で利用できます

Apple Pay以外では2019年現在、年会費(1,030円)が掛かります。
(ちなみに、VIEWマークが付いたクレジットカード(例えばJREカードやビューカードなど)も年会費無料ですが、クレジットカード自体に年会費がかかります)

2019年現在と表現した理由ですが、2020年2月26日以降に年会費を無料にすると発表されたためです。



登録できるクレジットカード

Apple Payはiphone7から利用できるようになった関係で、比較的最近から利用できるようになった機能です。

つまり、どのクレジットカードでもApple Payに登録できるというわけではありません

そのため、Apple Payに対応しているかはクレジットカード会社によって異なるということを知っておいてください。

今持っているクレジットカードのホームページを確認して、正式に対応していなければ利用できませんので、その場合思い切ってApple Pay用にお得な高還元率のクレジットカードを発行するのも良いですね。



まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

Apple Payの仕組みをご紹介しました。


Apple Pay 仕組みのまとめ ・iphoneを使って小銭いらずでらくらく買い物ができる
・会計は「iDまたはQUICPayで」と伝えお支払い
・iDとQUICPayは事前チャージがいらず快適
・登録したクレジットカードのマークが"Q"ならQUICPay
・登録したクレジットカードのマークが"iD"ならiD
・モバイルSuica(またはSuica登録)で駅の改札もiphoneをタッチで通過できる
・Suicaを利用する時は事前チャージが必要
・登録できるかはクレジットカード会社によって異なる



非常に便利なApple Payですので、積極的に活用していきたいですね。


Apple Payの登録方法や使い方について詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい



Apple Payに対応していて使い勝手の良いおすすめのクレジットカードついて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい


この記事を読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。