セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

Apple Pay iphoneでらくらくお会計! 登録方法と使い方をやさしく解説

Apple Pay iphoneでらくらくお会計! 登録方法と使い方をやさしく解説


Apple Pay iphoneでらくらくお会計! 登録方法と使い方をやさしく解説



Apple Pay(アップルペイ) は、iphoneを機械にかざすだけで小銭いらずでらくらく会計ができるため大変便利です。

この記事ではApple Payを利用するために必要なクレジットカードの登録方法から使い方までをやさしく解説していきます。



Apple Pay対応のiphoneは?

最初にApple Payを利用するためには、Apple Payに対応しているiphone7以降のモデルを購入する必要がなります。

iphone7より前のiphoneではApple Payを利用できませんので注意して下さい。



クレジットカードの登録

Apple Payを利用できるクレジットカードは、何でも大丈夫というわけではないことに注意が必要です。

Apple Payはiphone7から利用できるようになりましたので、比較的新しいサービスです。

そのため、クレジットカード会社によっては対応していないところもあります。

お手持ちのクレジットカードを一度ホームページで、Apple Payに正式に対応しているか確認することをおすすめします。


登録できる枚数

iphone7で最大8枚、iphone8以降では最大12枚が登録可能となっています。

これだけの枚数が登録可能ですので、お財布の整理にも役立ちますね。


登録方法

iphoneへの登録方法を順を追って説明します。


クレジットカード登録手順 ① iphoneアプリのWalletを立ち上げる
➁ 画面右上の⊕をタップ
➂ スキャンしてよいか確認画面がでるので"続ける"をタップ
④ 登録したいカードを画面の中に写してスキャンする
➄ セキュリティコードを聞かれるので、クレジットカード裏のコード3桁を入力する
  ※ アメリカンエクスプレスの場合はコード4桁
⑥ 利用可能になりましたとメッセージが出る

以上が登録手順です。

最初は面倒な手順が必要かと思いましたが、登録してみると凄く簡単に利用できることがおわかり頂けたと思います。



iDとQUICPayどちらで利用するか

Apple Payを利用する際に必要なのが、決済の時にiDとQUICPayどちらで決済することになるかです。

見分け方は非常に簡単で、クレジットカードをiphoneに取り込んだ後にホームボタンを二回クリックする(Apple Payで支払う時の操作です)か、iphoneアプリのWalletを立ち上げてクレジットカードをタップします。

すると登録したクレジットカードの画像が表示されますので、"Q"のマークが付いていたらQUICPay(クイックペイ)です。

"iD"のマークが付いていたらiD(アイディー)です。



Apple Payの使い方

Apple Payの使い方の手順をご紹介します。


Apple Payの利用手順 ① お店の人にQUICPay(またはiD)で支払いますと伝える
➁ お店の人が決済端末を操作するので、終わるまで待ちます
➂ 決済端末の準備が終わったらホームボタンを二回タップします
④ Touch IDで支払うと表示されるので、指紋登録した指をホームボタンに当ててiphone上部をかざします
  ※複数のカードを登録しているときは、利用したいカードをタップしてからかざして下さい。
➄ 完了と表示されれば支払いは終わりです


なお、iphoneXユーザーの方は手順③の時にホームボタンではなく、端末右にあるサイドボタンをダブルクリックしてください。

あっという間に支払いは完了します。



Apple Payのその他メリット

Apple Payでの支払いが、小銭要らずで快適であることは利用するとすぐにでも実感頂けると思います。

便利以外のメリットがあるかですが、利用に応じて紐づいているクレジットカードのポイントが貰えます。

クレジットカードで支払っても同じくポイントはもらえますが、利用する店舗によってクレジットカードは利用できないが、電子マネーは利用できるという店舗もそれなりに見かけます。

そうした場合にもポイントがもらえますので、その分お得になりますね。

クレジットカードの場合、暗証番号かサインを求められる店舗がありますが、Apple Payの場合はサインレス、暗証番号不要で買い物ができるのも楽で嬉しいですね。



Apple Payには利用額の上限がある

Apple Pay利用時に知っておいて欲しいことがあります。

QUICPayでの支払いの場合は一回の利用の上限が2万円までと決まっています。

少しややこしいのですが、お店で利用できる電子マネーの表示を確認して"Q+"(クイックペイプラス)となっていた場合は利用上限はありません。
(登録したクレジットカードの利用可能額まで)

一方、iDとして利用する場合は上限はありません。
(登録したクレジットカードの利用可能額まで)

また、Apple サポート公式ページによると利用する店舗によって上限が違う、PIN(暗証番号)を求められる、署名を求められる場合があるとの記載がありますので、2万円を超えるお支払いの際は覚えておくと、いざという時に焦らずにすみそうですね。


お店で Apple Pay を使う時の限度額について

一部の国や地域では、お店での購入額が一定額を超えると、Apple Pay で支払う時に PIN (暗証番号) の入力が必要になる場合があります。
また場合によっては、レシートに署名をしたり、別の方法で支払わなければならないこともあります。
~他国省略~
日本
一部のお店では、Apple Pay を使えなかったり PIN (暗証番号) の入力が必要になる場合があります。
それ以外のお店でも、購入額が 2 万円を超えると Apple Pay を使えない場合があります。
引用元: お店で Apple Pay を使う時の限度額について - Apple サポート



Apple Payの注意点

Apple Payの注意点ですが、iphoneの電源OFF時やバッテリー切れの時は利用できませんので注意が必要です。

また、複数枚クレジットカードを登録している場合、会計時にカードを指定しないとメインカードで支払うこととなります。

意図しないカードで決済してしまっている場合には、iphoneの設定でメインカードを変更しておくと良いかと思います。


メインカード変更方法 ① iphoneの画面から設定をタップ
➁ WalletとApple Payをタップ
➂ 支払い設定の箇所のメインカードをタップ
④ メインにしたいカードをタップ



まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

Apple Payの登録手順と使い方について解説いたしました。

思ったより登録も使い方も簡単にできることが伝わりましたら幸いです。



Apple Payの仕組みについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい


Apple Payを利用する上でおすすめのクレジットカードについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい


Apple Payは簡単・便利なシステムで積極的に活用していますので、この記事を読んでいる方のお役に立てば嬉しいです。