セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

au WALLETポイントの使い方を解説 ポイントを使い切る方法は?

au WALLETポイントの使い方を解説 ポイントを使い切る方法は?


au WALLETポイントの使い方を解説 ポイントを使い切る方法は?



auを利用しているといつの間にか貯まっているポイントがあります。


それは、au WALLETポイントです。


私はauから乗換えるときにこのポイントがあることに気がつきました。


説明を受けていたと思いますが、さっぱり理解していませんでした。


この記事ではau WALLETポイントについて解説し、そのポイントを使い切る方法について説明致します。



au WALLETポイントとは?


au WALLETポイントは、auのサービスを使っていると貯まっていくポイントです。


余談ですが、以前はauポイントという名前でしたが、2014年からau WALLETポイントに名称変更されただけでなく、auポイントは使い勝手が悪くなってしまいました。


au WALLETポイントに交換するためには、auWALLETプリペイドカードかクレジットカードが必要で、さらにレートが下がってしまうため、少しポイントロスしてしまう仕組みに変わりました。


このau WALLETポイントは、auWALLETプリペイドカードに紐づいています。


そして、ポイントが貯まっていることをわかっていない方も多いのではないでしょうか。


私もその一人でした。


乗り換える時に恥ずかしながらau WALLETポイントのことを知りました。


他社に乗り換えるとau ID が無くなるため、auWALLETプリペイドカードに移行できないこともわかりました。
(※チャージや以降済みのポイントは利用はできますが、残金がいくら残っているかの確認に非常に手間が掛かります)


そのため、au WALLETポイントは、乗り換え前に使い切ってしまうことをおすすめします。



au WALLETポイントの使い方


au WALLETポイントは、auのサービスを利用するときにはそのまま利用できます。


例えば、電池交換、修理、アクセサリーの購入などです。


それだけですと、利用できる範囲が非常に限られてしまい使い勝手が悪いことから、auWALLETプリペイドカードに移行するのがおすすめです。



auWALLETプリペイドカードとは?


auWALLETプリペイドカードは、電子マネーです。


つまり、事前にチャージすることでコンビニなどの買い物の時に、カードをかざすだけで買い物ができる小銭要らずで便利なカードです。


auWALLETプリペイドカードですが、auに乗り換えたときに発行していました。


契約者全員なのか、希望して発行していかは定かではありませんが、私の場合、auにログインすると「auWALLETは発行済みです」と表示されました。


そこで、4年以上前に購入した時の箱を探してみたところ、箱の中に一度も開けないままの状態で眠っていました。


これでauWALLETポイントを使い切る準備が整いました。


もしauWALLETプリペイドカードを持っていない方は、発行手続きを行いましょう。


「auWALLETは発行済みです」と表示され、探しても見つからない方は、再発行手続きを行いましょう。



auWALLETポイントを使い切るには?


はじめに、My auにログインしてauWALLEポイントをauWALLETプリペイドカードに移行します。


そしてポイント移行した後、1円単位で全て使いきれるおすすめの方法は、amazonギフト券の購入です。


auWALLETプリペイドカードはMasterCard扱いとなりますので、amazonにauWALLETプリペイドカードを登録するとクレジットカードのように利用します。


そして、auWALLETの残高を全額amazonギフト券を購入すれば無駄なく使い切ることができます。


ポイントがたくさん残っている方でも、アマゾンギフト券の有効期限は10年ですので、利用しやすいと言えます。


その他、スターバックスカードへの交換かマツモトキヨシへのポイントの移行も、よく利用する方にはよいかもしれません。


まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


auを利用していると自然と貯まっているau WALLETポイントを使いきる方法について解説いたしました。


au WALLETポイントは、乗り換えると一切使えなくなるポイントですので、上手に使いきって少しでもお得に活用しましょう。


店舗でいろいろ契約からなにやら手続きが大変で、ひとつひとつ確認できていない場合が多いかと思います。


その中にはau WALLETポイントのように知っているとお得なサービスが含まれていることもあります。


後で時間のあるときに、付属物や契約書は確認した方が良いと考えさせられた出来事でした。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。