セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

イオン銀行のメリットを徹底解説! 普通預金金利が秀逸、上手な利用方法は

イオン銀行のメリットを徹底解説! 普通預金金利が秀逸、上手な利用方法は


イオン銀行は、スーパーのイオンでおなじみのイオングループの銀行でご存知の方も多いのではないでしょうか。


2019年現在、預金は超低金利時代で、通常0.001%の利息です。


仮に100万円預金していても1年間で「10円」の利息の時代。
※さらにそこから税金が引かれる(約20%)ので実質8円ほど。


そのため、一度でも振込み手数料や時間外手数料を支払うと、1年間の利息が吹っ飛んでしまいます。


自分のお金を銀行に預けていて、緊急で必要な時に手数料を支払うことになった場合、預金額が目減りするという状況です。


そうした状況では、いかに余計な支出を減らすかは節約の上では重要ですね。


イオン銀行では、普通預金金利を最大で0.15%と通常の銀行の150倍にすることもできます。


この記事では、普通預金金利がお得なイオン銀行のメリットを解説いたします。


最初にイオン銀行のメリットをまとめましたので、お急ぎの方はこちらだけでもご確認下さい。


イオン銀行のメリット

・他行への振込手数料が、Myステージに応じ月5回まで無料

・提携ATMで、ステージに応じて月5回まで手数料無料でお金を下ろせる

・普通預金の金利が最大0.15%にあがる

・イオン銀行ATMで常に手数料が掛からずにお金を下ろせる



それぞれ解説いたします。



他行への振込手数料が、Myステージに応じ月5回まで無料


イオン銀行には、Myステージというステージ制度があります。


ステージに応じて他行への振込みが無料になる回数が決定します。


こちらがステージに応じたそれぞれの無料回数です。

   
ステージ 必要点数 振込手数料 ATM引出し手数料 普通預金金利
プラチナ 150点 5回まで無料 5回まで無料 0.15%
ゴールド 100点 3回まで無料 3回まで無料 0.10%
シルバー 50点 2回まで無料 1回まで無料 0.05%
ブロンズ 20点 1回まで無料 0回まで無料 0.03%


プラチナで、月5回まで他行への振込手数料は無料になります。


条件の点数ですが、イオン関連のサービスによって点数が決まっていて、どれだけ利用したかによって決まります。


こちらが、加点対象となるサービスと点数をまとめたものです。


   
対象サービス 点数
イオンカードセレクトを発行 10点
イオンゴールドカードセレクトの発行 30点(セレクトと併せて40点)
イオンカードの利用代金に応じ 10点~100点
電子マネーWAONの利用代金に応じ 10点~100点
WAONオートチャージの利用 10点
積立式定期預金の口座振替 10点
投資信託残高に応じ 10点~100点
投信自動積立の口座振替 30点
外貨預金残高に応じ 10点~100点
外貨普通預金積立の口座振替 30点
NISA口座の開設 30点
iDeCo掛金の口座振替 30点
カードローンの契約 10点
無担保ローン残高 30点
住宅ローン残高 30点
インターネットバンキングの登録 30点
給与の受取り口座 30点
年金給与の受取口座 30点
ボーナススコア(投信、外貨、idecoの口座振替2つ以上) 10点


これらイオンのサービスを利用し、その合計点でステージが決まります。


毎月、150点以上になるようにサービスを利用することでプラチナステージが維持されます。


普通に利用しているだけでは、プラチナステージにすることは難しいです。


そのため、効率的なサービスの利用方法によって維持することが必要となります。


後ほど、参考までにプラチナステージになるための加点でおすすめのサービスの利用方法をお伝えします。



提携ATMで、ステージに応じて月5回まで手数料無料でお金を下ろすことができる


コンビニ(ローソン、ファミリーマートなど)で24時間手数料を気にせずに引き出せるのも素晴らしいのですが、イオン銀行は郵便局が提携しているのが特徴です。


コンビニがない、または非常に少ない地域でも郵便局はあります。


そのため、出張や旅行の際にお金が足りなくなっても安心というメリットがあります。


コンビニで24時間手数料を気にせずに引き出せるのは嬉しいですね。


ただし、コンビニでもセブン銀行ATMは提携していない点に注意です。



普通預金の金利が最大0.15%にあがる


Myステージのプラチナステージで、普通預金金利が0.15%になります。


これは、通常の銀行の150倍の金利ですので、イオン銀行を利用する最大のメリットは、この普通預金金利の恩恵を受けることにあります。


例えば、100万円預金したとして、年間1,500円の利息になります。


実際は約20%の税金がかかりますので、だいたい1,200円くらいの利息が貰える計算です。


通常の銀行の預金金利では、100万円預金して年間8円の利息であることを考えれば全然違いますね。


具体的には、イオンのサービスを利用して150点以上のスコアを獲得する必要があります。


イオンを普段から積極的に利用者している方はともかく、そうでない場合もあるかと思います。


プラチナステージを目指すには?



プラチナステージのため、なんでもイオンを利用しようとするとちょっと本末転倒のような感じがする方向けに、可能なサービスの利用方法をご紹介したいと思います。


150点以上の参考サービス

・イオンゴールドカードセレクト(40点)

・インターネットバンキングの登録(30点)

・給与(年金)受取り口座(30点)

・イオンカード利用引き落とし(10点)

・電子マネーWAONの利用(10点)

・電子マネーWAONのオートチャージ(10点)

・投資信託の購入(10点)

・積立定期預金(10点)



あまり普段イオンを利用しない方でも、お金をあまりかけずに達成できる150点ではないかと考えております。


イオンカード利用と電子マネーWAONは、利用できるお店でそれぞれ100円くらいのお茶でも買えばクリアーです。


WAONオートチャージは、イオンで利用する時に最低金額のチャージにしておいて、毎月チャージされるように調整が必要ですが、こちらも難しい内容ではないです。


投資信託ですが、残高が1円以上あればよいので、最低購入金額の1,000円分の投資信託を購入すれば大丈夫です。


そこで、値動きが少ない日本国債に投資するノーロードのファンドがおすすめです。


投資なので損をする可能性はありますが、最大でも1,000円の損失です。


元々投資に興味がある方はともかく、この機会に利益を出そうと金額を大きくし、相場が逆に動いてしまうと、預金金利以上に損失が大きくなってしまいますので、最低額を保有し続けると割り切った方がよいと思います。


積立定期預金は、500円から始められるので、最低の500円で開始すれば大丈夫です。


ここで、キーになるアイテムとして必須なのが、イオンゴールドカードセレクトの取得です。


イオンゴールドカードセレクトは、持っているだけで40点が加点されます。


イオンゴールドカードセレクトがないと、イオンのサービスにお金を掛けないと逆に150点に到達するのは非常に困難です。


ではイオンゴールドカードセレクトですが、どのように手に入れるかと言いますと、一般カードであるイオンカードセレクトを発行し、1年間で100万円利用すると、インビテーションをもらうことができます。


イオンゴールドカードセレクトは直接発行することができず、インビテーションによってのみ取得できます。


年間100万円の利用ですので、月8万~9万円利用するイメージです。


1年間だけ、決済を集中してイオンゴールドカードセレクトを取得するとよいかと思います。


イオンゴールドカードセレクトは、それだけ金額を掛けてでも取得する価値のあるクレジットカードです。


ゴールドカードにもかかわらず、年会費が無料なうえに、付属しているサービスも素晴らしいクレジットカードです。


イオンカードセレクトについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい



預金金利が魅力なイオン銀行にかかせないクレジットカード、イオンカードセレクトに興味を持っていただけた方は発行を検討してみてください。


イオンカードセレクトの発行はこちらから






イオン銀行ATMで常に手数料が掛からずにお金を下ろせる


イオン銀行は、イオン銀行ATMでは24時間手数料がかからずにお金を下ろすことができます。


そのため、休日・夜間でも手数料を気にしなくてもお金を下ろせるのは嬉しいサービスです。



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


イオン銀行は、プラチナステージを維持することで普通預金金利が通常の金融機関の150倍になる非常に魅力的な銀行です。


また、お金を下ろすときもイオン銀行では手数料がかかりませんし、ステージによっては、提携ATMや郵便局でも手数料無しで最大5回まで利用できます。


また、同様に最大5回まで他行への振込みも手数料がかからず、非常に使い勝手のいい銀行でもあります。


ステージをあげて、普通預金の金利をはじめ、上手に利用しましょう。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。