セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

エポスカードのメリット・デメリット 年会費無料で海外旅行保険が充実したおすすめの1枚

エポスカードのメリット・デメリット 年会費無料で海外旅行保険が充実したおすすめの1枚


エポスカードのメリット・デメリット 年会費無料で海外旅行保険が充実したおすすめの1枚




年会費無料でお得なサービスが利用でき、どなたにも持つことをおすすめできる稀有なクレジットカードのエポスカードです。

エポスカードのメリットとデメリットを解説していきます。
   
特徴 内容
還元率 0.5% 200円 = 1ポイント
年会費 無料
有効期限 2年
ポイントの「有効期限延長」の申し込みが可能
たまるポイント エポスポイント
たまる電子マネー 楽天Edy、Suica
海外旅行保険 対応
ETCカード 無料
Apple Pay 対応


まず最初にメリットとデメリットをまとめましたので、お急ぎの人はこちらだけでも確認してみてください。


エポスカードのメリット ・年会費無料
・マルコとマルオの7日間10%割引
・マルイで買い物や優待店で食事をすると10%割引
・入会特典がお得
海外旅行保険が付いてしかも補償が手厚い
・海外キャッシングの返済をネットからできる
年会費無料のゴールドカードのインビテーションが狙える
・ETCカードが無料
・優待映画館で割引料金で観れる
・Apple Payに対応




エポスカードのデメリット ・還元率が0.5%と低くメインカードには向いていない
・マルイが近くにない人は割引の恩恵を受けにくい



それぞれ解説致します。

年会費無料

サービスが充実していて年会費がかからない素晴らしいクレジットカードです。

仮に年間一回もカードを利用しなかったとしても無料ですので気軽に作れます。


マルコとマルオの7日間10%割引

マルコとマルオの7日間が年4回開催され、買い物をすると10%割引です。
(ネット通販も期間中は割引対象となります)

さらに、開催中のネット通販で購入した際には送料無料になるのもお得です。

ポイント還元ではなく直接割引になるという点が嬉しいですね。

もちろん割引とは別にポイントは付与されますので、割引 + ポイントももらえます。


マルイで買い物や優待店で食事をすると10%割引

マルイの中に入っている優待店で食事をすると、10%割引になるお店があります。

マルイ以外でもありますが、かつてのロイヤルホストのように割引サービスそのものがなくなってしまったケースもありますので、入店の際にエポスカード優待店マークがあるか確認すると良いです。

マルコとマルオの7日間で買い物の休憩やランチで10%割引になるので、併せて利用するとさらにお得です。


入会特典がお得

エポスカードは頻繁に入会キャンペーンを行っております。

店頭キャンペーンもやっていて、2,000円会計から値引きしますと言われることもあるかと思います。

WEBで申し込むとだいたい5,000ポイント(5,000円相当)、不定期ですが8,000ポイント(8,000円相当)と高額のキャンペーンを行っておりますのでそのときがねらい目です。

エポスポイントはエポスカードの利用代金に充当できますので、獲得したポイントは現金値引きしているのと同じでお得です。


海外旅行保険が付いてしかも補償が手厚い

エポスカードをどなたにもおすすめできる最大の理由がこちらです。

年会費無料のカードでは滅多についていないサービスの海外旅行保険です。

さらに凄いのが補償額が高く、自動付帯、キャッシュレス診療の3つが標準サービスとなっている点です。

付帯している保険の内容はこちらです。

海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 500万
傷害治療費用 200万
疾病治療費用 270万
賠償責任 2,000万
携行品損害 20万
救援者費用 100万


エポスカードの海外旅行保険の特筆すべき点はこちらです。


補償のここが凄い 疾病治療費270万,傷害治療費200万と高額の保障
・自動付帯
・キャッシュレス診療が可能


海外旅行保険で最も重要な補償が疾病治療費と傷害治療費(いわゆる病気・怪我)です。

一般クレジットカードの中では優れた補償内容がエポスカードなのです。

キャッシュレス診療とは、現地で治療を受ける際にその場で金銭を支払う必要がないということです。

ちなみにキャッシュレス診療ではない場合は、現地で一旦全て自費で清算し、帰国後診断書や領収書を保険会社に提出してお金が戻ってくるという仕組みになります。

キャッシュレスですとこれらのステップが必要なくなりますので非常に便利です。
※ただし、保険の補償金額でカバーできないほど高額の治療費の場合を除く。


海外旅行保険について詳しく知りたい方のために、こちらで詳しく記事にまとめてありますので是非ご一読ください。


あわせて読みたい


海外キャッシングの返済をネットからできる

海外旅行に行ったことがある方ならなんとなくイメージが湧くのではないかと思いますが、日本円を換金すると結構な手数料がかかります。

普通キャッシングはおすすめしませんが海外旅行の際は話は別です。

長期滞在する目的でなければ、キャッシングの金利の方が安くなる場合が多いです。

日本に帰ってきてお金があっても、他のカード会社は繰り上げ返済に対応していないところもありますが、エポスカードはネットから簡単に返済できるというメリットがあります。

その分金利が安く済みますのでお得ですね。


年会費無料のゴールドカードのインビテーションが狙える

エポスカードをおすすめするもうひとつの理由がこちらです。

エポスカードを利用していると、ゴールドカードへの切り替えのご招待(インビテーション)がくることがあります。

エポスカードの場合、インビテーションがきてエポスゴールドカードへ切り替え手続きすると、年会費無料でゴールドカードを手に入れることが出来ます
(直接ゴールドカードを発行した場合、年会費は毎年5,000円+税)

年会費無料のゴールドカードは他になかなかありません。

私が知っているのはあと二つだけです。
(イオンゴールドカードとセブンカード・プラスゴールド)

さらに、エポスゴールドカードになるとさらにお得なことがこちらです。

エポスゴールドカードのお得なサービス  

・空港ラウンジが利用できる

エポスポイントの有効期限が無期限になる

海外旅行保険がさらにパワーアップ>

・選べるポイントアップで三箇所常にポイント3倍

・年間100万円以上の決済で10,000ポイントが貰える




インビテーションやどのように取得したかについて詳しく知りたい方のために、こちらで詳しく記事にまとめてありますので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



ETCカードが無料

年会費がかからずETCカードが発行できます。

年会費無料のETCカードはなかなかないので貴重なカードです。


優待映画館で割引料金で鑑賞できる

映画を良く見に行くという方はおすすめなサービスです。

イオンシネマをはじめ、提携映画館で割引で鑑賞することができます。

注意点としてはエポトクプラザ経由で購入した場合です。

映画館に行って直接購入する場合は適用になりませんので注意が必要です。


Apple Payに対応

2017年3月より正式にApple Payに対応しました。

Apple Payで支払いたい場合は、QUICPayの加盟店で「QUICPayで支払います」と言ってiPhoneをかざして下さい。

Apple Payで支払いますと言っても通じませんので注意が必要です。



海外旅行保険の充実やゴールドカードが狙える優秀なクレジットカードですが、デメリットもありますので記載いたします。


還元率が0.5%と低くメインカードとしての利用には向いていない

年会費無料で還元率1%のクレジットカードが他にありますので、エポスカードはメインカードとして利用しポイントを貯めるには向かないカードと言えます。

メインカードとしておすすめのカードは、還元率が高くポイントの使い道が豊富で、家計に貢献したりお得に買い物ができるカードです。

そのため、エポスカードをメインカードとして利用するのはちょっと向かないカードです。


マルイが近くにない人は割引の恩恵が受けられにくい

マルイが発行しているクレジットカードですので、マルイで利用することで最大の恩恵を受けることが出来ます。

理由はいくつかありますが、マルイで利用すると還元率が2倍になること、買い物や飲食店で割引が受けられるためです。

マルイが近くにないと割引メリットを活かす機会がないです。


まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

エポスカードはデメリットもありますが、マルイが近くになくても発行をおすすめするカードです。

それは、海外旅行保険の充実度とインビテーションによってゴールドカードを手に入れた時のお得感が大きいためです。

還元率が0.5%のため普段使いのカードとして利用するのは厳しいと思いますが、年会費無料と維持費もかかりませんのでサブカードとして持つのがおすすめです。

この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。