セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

エポスゴールドカードのメリットを徹底解説! 年会費無料で手に入れてお得に活用しよう!

エポスゴールドカードのメリットを徹底解説! 年会費無料で手に入れてお得に活用しよう!


エポスゴールドカードのメリットを徹底解説! 年会費無料でお得に活用




エポスゴールドカードはエポスカードの上位カードにあたるクレジットカードです。

条件はありますが、ゴールドカードなのに年会費無料で利用することができる貴重なカードです。

エポスゴールドカードのメリットを解説し、ゴールドカードのサービスを知ってお得に活用して頂ければと思います。



年会費を無料にできる!

エポスゴールドカードは通常年会費が5,000円かかります。

ですが、その年会費を無料にする方法が2つあります。


年会費を無料にする方法
・1年間で50万円以上利用する
・エポスカードを利用してインビテーションを貰う



1年間で50万円以上利用すると年会費が永年無料になります。

ここで言う1年間とはゴールドカードを申し込んでから1年間です。

ですが、初年度の年会費5,000円はかかりますので支払う必要があります。


一方、インビテーションを貰ってゴールドカードに切り替えた場合は年会費が掛かりません

そのため、初年度の5,000円を節約するためにも、時間は掛かりますがエポスカードを発行し、利用実績を積んでインビテーションを貰う方法でゴールドカードへ切り替えることをおすすめ致します。

5,000円支払ってもいいので急いでゴールドカードが欲しいという方は、直接申し込んでも良いかと思いますが、審査は一般カードよりも厳しくなりますので、年齢、職業、収入などそれなりの条件は必要になってくると思います。

また、申し込んで否認されてしまった場合、信用情報に傷が付くことを忘れないようにして下さい。



ポイント還元率がアップ

エポスゴールドカードも一般カードと同じく還元率は0.5%(200円で1ポイント)です。

しかし、エポスゴールドカードには選べるポイントアップショップというサービスがあります。

指定するお店から最大3つ選びそのお店で利用すると、ポイントが3倍になるというサービスです。

還元率が1.5%になります。


対象のショップは数百ありますので、普段良く利用するお店を選んで登録するのが効果的です。

代表的なショップとして、JR東日本、東京電力、東京ガスなど交通系か公共系は固定費として必ず発生し、しかも支払額も大きいことから、ポイントが大きく獲得できるためおすすめです。

デメリットはありませんので、設定することをおすすめします。

ただし、1度登録したショップは登録後3ヶ月間は変更できないため、最初によく検討して選ぶのがよいでしょう。



空港ラウンジが無料で使える

個人的にはゴールドカードのサービスの中で、嬉しくて利用してみたかったのが空港ラウンジです。

エポスゴールドカードは、国内と海外の一部の空港ラウンジが無料で使えます。
(通常空港ラウンジを利用すると1,000円くらいかかります)

飛行機はあまり使わないので、何がどう嬉しいサービスか疑問に思う方もいるかも知れませんが、一度利用するとその魅力がわかるかも知れません。

年に1度くらいしか飛行機を使いませんが、その利用頻度でも待ち時間をラウンジで過ごすと少しVIPになったような感じで良かったです。

国内全ての空港が対象というわけではありませんが、大半の空港ラウンジであれば対応していますので使い勝手は良いです。

対応している空港ラウンジ

羽田空港

成田国際空港

新千歳空港

函館空港

仙台空港

小松空港

中部国際空港

伊丹空港

関西国際空港

神戸空港

広島空港

松山空港

福岡空港

北九州空港

長崎空港

熊本空港

大分空港

鹿児島空港

那覇空港

ホノルル空港

仁川空港

ホノルルラウンジ




海外旅行保険がさらに充実

エポスカードも海外旅行保険の補償はかなり充実していましたが、ゴールドカードではその補償がさらにパワーアップします。

エポスカードと同じく自動付帯です。

そのため、持っているだけで保険の利用対象になります。


海外旅行保険の中で最も重要な補償は疾病治療費用し傷害治療費用です
(つまり病気と怪我)

海外では日本の健康保険のような仕組みとは違い、全て治療費用は自己負担です。

エポスカードもゴールドカードと比べると補償額は少し落ちますが、海外に行く時に心強いカードですので持つ価値はあります。

エポスカードと海外旅行保険の内容を比較した結果は以下の通りです。

   
海外旅行保険 エポスカード エポスゴールドカード
保険期間 90日 90日
適用条件 自動付帯 自動付帯
キャッシュレス診療 可能 可能
傷害死亡/後遺障害 500万 1,000万
傷害治療費用 200万 300万
疾病治療費用 270万 300万
賠償責任 2,000万 2,000万
救援者費用 100万 100万
携行品損害 20万(自己負担3,000円) 20万(自己負担3,000円)

エポスカードの補償内容も素晴らしいのですが、ゴールドカードはさらに補償が手厚くなります。



エポスポイントの有効期限がなくなる

エポスポイントの有効期限は2年ですが、エポスゴールドカードになるとエポスポイントの有効期限がなくなります

つまりポイントは永久不滅になります。

また、エポスカードで獲得していたエポスポイントは、エポスゴールドカードに移行した時点ですべて有効期限が無期限になります。

そのため、エポスカードで貰ったポイントもインビテーション狙いで自然と貯まったポイントは無理に消化する必要がなく、目標としているポイントがあればそこまで貯めることができます。

期限がないというのは利用の幅が広がりますので使い勝手が良いです。



年間利用額が50万円以上でボーナスポイントが貰える


エポスゴールドカードには、年間利用額に応じてボーナスポイントが貰えます。

・年間50万円以上 :2,500円相当のエポスポイント
・年間100万円以上:10,000円相当のエポスポイント

100万円まで利用するとボーナスポイントが多く貰え、還元率も高くなりますので使うほどお得になります。



海外サポートデスクが使える


世界38の都市にサポートデスクがあり、しかも日本語で案内してもらえるため、海外旅行や海外出張のときに困ったことがあっても安心です。

英語ができなくても大丈夫なのは心強いですね。

ヨーロッパですと、ロンドン・パリ・ローマなど、アジアでは、シンガポール・台北・バンコクなどにあります。



丸井グループの株主優待でポイントがもらえる


エポスゴールドカードを持っていて、丸井グループの株を3月末の権利確定日のときに100株以上持っていると、エポスポイントがもらえます。

保有している株数によってもらえるエポスポイントは変わりますが、最低で2,000ポイント、最高だと10,000ポイントももらえてお得です。

株主優待目当てで元本割れのリスクのある株を購入することはおすすめしませんが、既に持っている方はさらにお得になります。



まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

ご紹介したようにとてもお得なメリットがたくさんあるエポスゴールドカード。

これが無料で持てるのですから有効活用しない手はありません。

エポスカードを発行してインビテーションを狙ってお得に取得しましょう。

この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。