セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

JRE CARDは高還元でSuicaもお得に! メリット・デメリットを徹底解説

JRE CARDは高還元でSuicaもお得に! メリット・デメリットを徹底解説


JR東日本が発行しているクレジットカードで、2018年に誕生した新しいカードです。


JRE CARDは、ビューカードやアトレビューカード、フェザンカード、エスパルカードなど地域や店舗によってそれまでバラバラに発行され、独自のポイント制度だったものを統一し、ポイントも新たに「JRE POINT」として統合されたクレジットカードとして誕生しました。


JR東日本の範囲をカバーする巨大な共通ポイントになりましたので、利便性も飛躍的に向上しています。


例えば、東京のアトレで買い物や食事をされる方は、JRE CARDで支払うと還元率3.5%となってたくさんのポイントがもらえるだけでなく、そのポイントは出張や旅行で訪れた仙台のエスパルや盛岡のフェザンの中で利用できますし、ポイントがまたもらえるといった使い方ができます。


この記事では、還元率が高く使い勝手が良くなったJRE CARDについて解説いたします。


最初に、JRE CARDの特徴をまとめましたのでご確認下さい。


   
特徴 内容
還元率 0.5% 1,000円 = 5ポイント
年会費 477円+税
有効期限 2年 ※(増減があるたびに延長されるため、実質無期限)
たまるポイント JRE POINT
たまる電子マネー Suica ※チャージ還元率は3倍の1.5%
海外旅行保険 あり
ETCカード 有料
Apple Pay 対応



まず最初にメリットとデメリットをまとめましたので、お急ぎの人はこちらだけでも確認してみてください。




JRE CARDのメリット
・JR東日本の提携店、駅ビルでの利用で還元率3.5%となる
・Suicaチャージで還元率1.5%(3倍)となる
・Suicaにオートチャージができる
・モバイルSuicaの年会費が無料になる
・JR東日本の鉄道を利用するだけでポイントがもらえる
・もらえるJRE POINTは、Suicaにチャージできる
・JRE POINTカードの機能も持っている
・WEB明細にすると毎月50ポイントがもらえる
・海外旅行保険が付帯している
・Apple Payに対応



JRE CARDのデメリット ・基本還元率は低い
・年会費がかかる
・ETCカードが有料



それでは解説致します。



JR東日本の提携店、駅ビルでの利用で還元率3.5%となる


JRE CARDは、アトレ、アトレヴィやエスパル、フェザンなど駅ビルの優待店で利用すると還元率3%と高還元率カードとなります。


さらにカード決済分として、1,000円で5%分のクレジットカードポイントが別にもらえますので、合計還元率3.5%となります。


優待店とは別に加盟店での買い物の場合は、還元率1%となりますので、合計還元率1.5%となります。


そのため、買い物する店舗がどちらに属するかは、確認しておくと良いかと思います。



Suicaチャージで還元率1.5%(3倍)となる


JRE CARDからSuicaにチャージすると通常の3倍の還元率1.5%となります。


Suicaチャージに非常にお得となっているクレジットカードとなります。


電車をよく利用する方はSuicaをもっている方も多いと思いますので、JRE CARDでチャージするとたくさんポイントがもらえますので、非常にお得ですね。



Suicaにオートチャージができる


Suicaを利用するには、事前にお金をチャージしておく必要があります。


電車に乗るとき、買い物をする前に残高が十分に残っているか気にする必要がありますが、オートチャージとはある一定の金額を下回った場合に自動で入金してくれる仕組みです。


つまり、残高を気にせずに利用することができるようになります。


オートチャージがあると、利便性が飛躍的に向上します。


JRE CARDは、オートチャージができる貴重なクレジットカードです。



モバイルSuicaの年会費が無料になる


Suicaを利用するにあたり、最もおすすめなのがモバイルSuicaとして利用することです。


モバイルSuicaとは、Suicaをお手持ちのスマホで利用することです。


モバイルSuicaでは、駅の改札をスマホをかざして通過でき、買い物もスマホをかざすだけでスムーズに会計ができます。


さらに、アプリから定期券が購入・更新ができますので、窓口に長時間並んで購入する必要がなくなります。


自宅やカフェなど好きなときにゆっくり購入できます。


便利なモバイルSuicaですが、利用するには年会費が1,030円かかります。(2019年10月現在)


ですが、JRE CARDで登録するとその年会費が無料になります。


年会費がかかりませんので、気兼ねなく利用することができますね。


余談ですが、iphoneユーザーはモバイルSuicaの年会費が、どんなクレジットカードを登録してもかかりません。


また、2020年2月26日以降には、アンドロイドユーザーも無料で利用できるようになります。


年会費無料としてのアドバンテージはいずれなくなりますが、モバイルSuicaを利用する上で一番お得なクレジットカードであるという点は変わりません。



JR東日本の鉄道を利用するだけでポイントがもらえる


2019年10月1日から、Suicaを利用してJR東日本の鉄道に乗るとポイントがもらえます。


モバイルSuicaや磁気カードタイプのSuicaでもポイントがもらえますが、もらえるポイントの還元率が異なります。


JR東日本の料金によりもらえるポイント ・モバイルSuica・・・50円で1ポイント
・磁気カードSuica・・200円で1ポイント


このように、モバイルSuicaでは磁気カードタイプに比べて4倍もポイントがお得にもらえます。


ただし、どちらも誰でももらえるわけではありません。


注意点として、JRE POINT WEBサイトにお手持ちのSuicaを登録した人だけです。


また、JR東日本以外の鉄道を利用した分はポイント還元の対象外です。


例えば、山手線と東京メトロ銀座線を利用して目的地に向かった場合、銀座線の利用料金は対象外となり山手線の利用金額分のみが対象ということです。


普通に利用するだけでもらえるポイントですので、凄くお得なサービスですね。


利用しない手はないので、未登録の方は急ぎ登録することをおすすめします。



もらえるJRE POINTは、Suicaにチャージできる


JRE CARDでたまるポイントのJRE POINTですが、アトレやエスパル、フェザンなどJR東日本の駅ビルで1ポイント1円として利用できるほか、Suicaにチャージして利用することもできます。


店舗で利用するにしても、Suicaに利用する場合でもいずれも使い勝手が非常に良いため、ポイントを有効活用できるのがJRE POINTの強みです。


JRE POINTは、それまでバラバラだったJR東日本関連の各ポイントを2018年に統合して誕生した巨大な共通ポイントに生まれ変わりました。


JR東日本エリア全てがJRE POINTになりましたので、使える店舗や範囲が大きく、ポイントを貯めても1ポイントから利用できるため、利用できず消えてしまう心配はありません。



JRE POINTカードの機能も持っている


JRE CARDは、JRE POINTカードの機能も兼ね備えていますので、JRE POINTカードを別に持つ必要がなく、カードを減らすことができます。


お財布の整理にもなり一石二鳥になりますね。



WEB明細にすると毎月50ポイントがもらえる


のちほどデメリットして説明致しますが、JRE CARDは、477円+税分の年会費がかかります。


年会費を無料にする仕組みがありませんので、年会費は必ずかかってしまいます。


しかし、年会費の元をとる方法がこちらのWEB明細にすることです。


クレジットカードの利用明細を紙ではなくWEBで確認するようにすると、毎月50ポイントもらえます。


明細を紙でもらって確認することのメリットはなく、年間600ポイントがもらえることになりますので、WEB明細がおすすめです。


WEB明細にすることで、年会費以上のポイントがもらえますので実質年会費を無料にできます。



海外旅行保険が付帯している


JRE CARDには、海外旅行保険が付帯されています。


付帯している保険の内容はこちらです。

海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 不可
傷害死亡/後遺障害 500万
傷害治療費用 50万円
疾病治療費用 50万円
賠償責任 なし
携行品損害 なし
救援者費用 なし


赤字の保障内容は、海外旅行保険を確認するときに重要な箇所です。


保障内容としては、少し物足りない金額となっています。


良い点は自動付帯になっている点くらいです。


海外旅行保険は、おまけ程度に付帯していると思った方がよいです。


また、国内旅行保険も付帯していますが、国内旅行保険はよほどの事態に遭遇しない限り利用することはないと思います。


過度な期待は禁物です。


海外旅行保険について詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい



Apple Payに対応


JRE CARDは、正式にApple Payに対応していますので、iphoneに取り込んで利用すると便利です。


Apple Payで支払いたい場合は、QUICPayの加盟店で「QUICPayで支払います」と言ってiPhoneをかざして下さい。


Apple Payで支払いますと言っても通じませんので注意が必要です。


Apple Payについて詳しく知りたい方のために、こちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい



メリットの多いJRE CARDですが、デメリットもありますので解説します。


基本還元率は低い


JR東日本関連の店舗以外で利用する場合、還元率は0.5%です。


そのため、普段使いに利用してお得なクレジットカードとはいえません。


JRE CARDは、SuicaへのチャージやJR東日本関連で利用してこそ、その真価を発揮するカードです。



年会費がかかる


JRE CARDは、年会費が477円+税分かかります。


年会費を無料にできる仕組みがありません。


年会費無料のクレジットカードはたくさんあるので、少し残念なところです。


ただし、WEB明細のメリットのところでご説明したように、毎月50ポイントもらえ年間600ポイントとなりますので、間接的ですが年会費無料にすることができます。


上手に活用して年会費の元をとりましょう。



ETCカードが有料


ETCカードは年会費がかかってしますので、発行はおすすめしません。


ETCカードで年会費がかからないクレジットカードが他にありますので、他のETCカードを発行するとよいと思います。



JRE CARDはどれを発行すればよい?


JRE CARDは、いくつか種類があります。


JRE CARD

・Suica・定期券無し

・Suica付き

・Suica定期券付き



おすすめは、Suica・定期券無しのJRE CARDです。



なぜSuica・定期券無しがおすすめなのか?


JRE CARDを利用する上で、電子マネーSuicaは切り離せないほど重要な電子マネーです。


ですが、電子マネーSuicaの最もお得でおすすめの利用方法は「モバイルSuica」として利用することです。


モバイルSuicaとしてスマホに登録し、JRE CARDと紐付けて利用しますので、JRE CARDにSuicaや定期券の機能を付ける必要はありません。


しかも、Suica付きのクレジットカードは、モバイルSuicaとして利用する時にスマホに取り込めません。


つまり、モバイルSuicaを利用する時に、別にSuicaを登録することになります。


その場合、複数のSuicaを持つこととなりますが、複数のSuicaを持つことにメリットはありませんので、Suica・定期券無しで発行するのがおすすめだからです。


反対に、スマホを持っていないという方は、Suica付きのJRE CARDの発行がおすすめとなります。


モバイルSuicaについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい



JRE CARDの利用に向いている方


JRE CARDを使うとお得になり、利用に向いている方をご紹介します。


JRE CARDに向いている方

・JR東日本の定期券で通勤している方

・Suicaを利用する方

・東日本関連の駅ビル等でショッピングや食事などをする方



該当する方は、発行を検討してみてください。


還元率が飛躍的に高く、その分もらえるポイントが多くなります。


また、ポイントの使い道もたくさんありますので失効させたり使い道に悩む心配もありません。


上手に使いこなせれば、生活の潤いとして、ちょっとしたご褒美としてポイントを利用しておいしいランチやカフェを楽しんだりできてお得になりますね。


反対にJR東日本関連以外で利用すると還元率0.5%ですので、アトレなど利用しない方は発行してもお得感が少ないカードですので、発行する前にご自身の生活スタイルに合っているか検討してみてください。



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


JR東日本関連で買い物をする方やSuicaを利用する方にお得なJRE CARDをご紹介いたしました。


アトレ、アトレヴィ、エスパル、フェザン、エクセルなどの駅ビルで買い物をすると還元率3.5%にもなるカードです。


Suicaのオートチャージに対応しているため、Suicaをよりお得にスムーズに利用することもできます。


たまるポイントのJRE POINTも東日本を大きくカバーした共通ポイントに進化し、Suicaへチャージにも使えるため無駄なく幅広く利用できるポイントである点も魅力です。


お近くにこれらの優待店がある方には特におすすめのカードです。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。