セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

クレジットカードを持たない方がよい人の特徴 改善すべきポイントを考察

クレジットカードを持たない方がよい人の特徴 改善すべきポイントを考察


2019年10月から消費税が10%になった変わりに、政府がポイント還元をベースにキャッシュレス決済を推し進めています。


この機会にクレジットカードを作った方も多いのではないでしょうか。


しかし、クレジットカードは便利でポイントがもらえてお得ですが、一方利便性の裏に潜むリスクもあります。


支払いをクレジットカード会社が立て替えていますので、支払遅滞は許されませんし、見に覚えの無い高額な請求、つまりカード不正利用など犯罪の被害に遭う可能性もあります。


遅滞による加算金の督促、事件や被害遭うことを考えるとお得になるのは理解できるが、クレジットカードを持つのを控えた方が安全との考えも一理あります。


この記事では、クレジットカードを持つ上で向いていない方の特徴を挙げ、どのように改善すればよいかを考察していきます。


併せて、不安な方や今は向いていない方に該当しても前向きに少しずつでも改善できる方であれば利用してお得になるので、その方法についても考察いたします。


クレジットカードを持たない方がよい人の特徴はこちらです。



持たない方がよい人の特徴 ・毎月の収支を把握していない
・欲しいものがあると我慢できない
・めんどくさがり、人任せ
・難しいこと、新しいことを避ける
・パスワードが同じまたはローテーションしている
・忘れっぽい、時間にルーズ
・気前が良い
・細かいことを気にしない
・ポイントを貯めるのが好き



こちらの特徴にあてはまる方は、現時点でクレジットカードを持つのに向いているとは言えませんが、何故向いていないのか考察したいと思います。



毎月の収支を把握していない


クレジットカードは、カード会社が利用者に変わって利用したお店にお金を支払う仕組みです。


カードをどんどん利用していくと、いついくら利用したかわかりにくくなってきます。


そのため、毎月収入はいくらで今月いくらまで買い物に利用して問題ないのか支出を把握しておく必要があります。


例えば、収入が20万円、家賃(ローン)・食費・通信費・水道光熱費など固定の支出が15万円だったとします。


するとその他の支出でクレジットカードを5万円以上利用すると赤字になるので、事前に理解していればそこで利用することをストップする意識を持つことができます。


急な出費が2万円あれば、カードの利用を2万円控えれば問題ありません。


もちろんこれらの支出を全て何枚のクレジッカードで支払っていても構いません。


つまり、クレジットカードはショッピング限度額までは際限なく利用できてしまうので、収支を把握していない方はクレジットカードの利用によって手持ちのお金以上の支払いによって生活が苦しくなる可能性が高くなってしまいます。


そのため、収支が把握できていない方は毎月のように赤字になってしまう危険があります。



欲しいものがあると我慢できない


クレジットカードは、例え手持ちのお金が無くても商品を購入できます。


そのため、お金を使っている感覚が薄れてしまうので、欲しいものが目の前にあったときに一旦冷静に抑えられる自制心が持てない方も向いていません。


全てを我慢する必要はありませんが、先ほどの収支の把握との兼ね合いが大事で、利用できる収入が上回っているときには問題ありません。


支出が上回っている時に、"まあ来月その分抑えればなんとかなるだろう"、"今購入しないと手に入らないかもしれない"という気持ちも理解できますが、ぐっと堪える必要があります。


そのため、欲しいものを我慢できない方は気がついたら大きな支出を抱えてしまう危険があります。



めんどくさがり、人任せ


こちらの方は何故向いていないかと言いますと、正しい情報を得られないこと、また不正利用など犯罪に巻き込まれて損失を蒙る危険性が高いためです。


クレジットカードは、絶えずサービスや情報が更新され、新しい情報を早い段階でキャッチし正しい知識を得ることで、お得に利用することができます。


そのため、カード会社にある程度定期的にアクセスして情報を自分で調べて知識を得ておくことが大切です。


例えば、サービスが変更され一定期間内に手続きしなければ損をしてしまう場合でも、通知が来ない(または来ていても見ていなかった)から知らなかったでは通りません。


誰かから丁寧に説明してもらうことを求めていたり、面倒がって人に任せるタイプの方は自分で情報を調べないため、何かあった場合の判断ができなかったり、不正利用などに気づくのが遅れて甚大な被害に遭うリスクが高くなってしまいます。


そのため、お得どころかかえって損失に繋がる危険があります。



難しいこと、新しいことを避ける


クレジットカードは、カード会社と利用者個人とが利用規約を承諾し契約を交わす行為でもあります。


契約である以上、法律行為になりますので何か不都合があっても法に基いた対応を求められます。


少し難しい言い方をしてしまいましたが、約款や規約を読み込むことが大事だということではありません。


カードに関する情報やサービス内容などは難しくても大まかに確認しておき、重要な箇所やわかりにくいところは、わかり易くまとめている解説サイトなど必ず確認しておくことが重要です。


クレジットカードによっては、サービス内容だけでなく、その他の情報も更新されるので、新しいことがあっても良くわからないからと敬遠するタイプの方も向いていません。


特にクレジッカード会社としては、リボ払いやキャッシングを利用して欲しいと考えて、大きいポイントを餌にリボやキャッシングをすすめてくることが多いです。


正確な情報を持っていないと、キャンペーンにつられて申し込んでそのまま気づかずに利用してしまうリスクがあります。


カード会社も手数料が収入源ですので、リボ払いやキャッシングには、多きいポイントを割いてでも、そうしたユーザーを目論んで展開しています。


そのため、何かあっても"よくわからないので放置してしまう方"や"キャンペーンでポイントがたくさんもらえる"という内容を確認しない方も向いていません。



パスワードが同じまたはローテーションしている


パスワードは何かにつけて決めなければならない場面が多くあります。


特にクレジットカードやキャッシュカードなど同じにしている方やローテーションしている方もいると思います。


管理する数が多いとどうしても覚えきれないということから、危険なことは承知しているがついついしてしまう方も多いのではないでしょうか。


管理する数が多いとどうしても覚えきれないということから、危険なことは承知しているがついついしてしまう方も多いのではないでしょうか。


クレジットカードだけでなく、キャッシュカードやその他で暗証番号やパスワードが多くなり、ひとつずつ変えていてはきりがないのも事実です。


ある程度のローテーションは致し方がない部分はありますので、それでも可能な限り分けられるようにする必要はあります。


クレジットカードはお金と同じですので、同じ番号や2~3パターンで設定している方は危険です。



忘れっぽい、時間にルーズ


忘れっぽい、時間にルーズな方は、支払遅滞などのリスクが高くなります。


カードごとに支払日が異なっていますので、指定日までに利用した金額を口座に用意しておくのを忘れてしまったりする危険が高まります。


クレジットカードにおいて支払遅滞は、一番やってはいけないことです。


お金をカード会社に借りて支払っていて、支払期日に返せなかったことは信用に値しないと判断されます。


ついうっかりでは済まされません。


さらに、遅延損害金も発生しますので、お得にするためにクレジットカードを発行したのに余計な出費が増えて損しているというパターンに陥りやすいです。


そのため、信用に傷がつくだけになりかねませんので、忘れっぽい、時間にルーズな方も向いていません。



気前が良い


気前が良い人というのは、魅力があって尊敬できる方ですので何故向いていないのか疑問に思い方もいるかと思います。


気前が良い方は、金勘定にあまりこだわらない方が多いです。


また、人にご馳走するのが好きだったりと人としては良い方です。


そういう方は、クレジットカードを持つと友人や職場での付き合いなどでご馳走したりして、ついつい使いすぎてしまう危険があります。


現金とは違いますので、金額が大きくなっても支払えることから、利用しすぎて使いすぎてしまう危険があるためです。



細かいことを気にしない


クレジットカードは、利用するとポイントがもらえてお得ですが、効果的な利用方法があります。


クレジットカードごとにお得な分野が異なりますので、どのカードを利用すると最もお得に利用できるのかということも理解しておくべき要素です。


上手に活用できてこそのポイント還元ですので、どのお店でどのカードを利用するのが効果的なのか、自分の生活スタイルからどのカードを発行すべきなのかは、人それぞれ異なります。


ポイントは一箇所に集中させるべきか、分散してでも最もお得に活用するべきかは意見が分かれると思います。


いずれが良いかは、生活スタイルや普段どのような買い物をしているかなど総合的に判断して決めるとよいです。


そのため、良く行くお店、利用するネットショップなど統計を取り、細かな行動分析が必要です。



ポイントを貯めるのが好き


クレジットカードを利用するとポイントがもらえます。


ポイントが貯まると、いわば現金と同じように利用できることから預金と勘違いしてまい、ポイントをたくさん貯めようと思ってしまう方は向いていません。


もちろん目的があって貯めて利用する場合は問題ありません。


ポイントが増えると嬉しくなって、目的がないのに利用せずにもっとたくさん貯めようと考えてしまうのは危険です。


その場合、ポイントを貯めるのが目的になってしまい、クレジットカードを利用する目的を探すようになると本末転倒です。


例えば、買い物をするとき、食事をするときにクレジットカードを利用できないお店は避けて、利用できるお店を優先的に選ぶようになるなどです。


現金払いのお店が安くて品質が良い場合もたくさんありますので、その場合は現金払いのお店で買い物をした方がお得です。


ポイントはあくまでポイントですので、カード会社がある日突然規約を改定し、価値が暴落してしまうこともあります。


ポイントは利用してこそ価値がありますので。



向いていない方は持つべきではない?



ここまで、クレジットカードを持つのに向いていない方について考察してきました。


該当する方は、クレジットカードを発行するのはやめた方が良いというのは考察した理由の通りおすすめしません。


該当する理由に当てはまれば当てはまるほど、リスクが大きくなりますので現金での利用の方が結果的に安全だと思います。


しかし、向いていない理由は考察したとおりですので、反対に該当しないように自らの考え方を変えて、行動すれば良いだけです。


例えば、毎月の収支を把握していないが他の理由には当てはまらないのであれば、毎月の収支を把握すればよいのです。


つまり、向いていない理由に該当するのであれば、それを改善する意志のもと、自分を変えるべく行動に移すことができる人は大丈夫といえます。



どのように改善すればよいのか




全てに当てはまる場合は大変かも知れませんが、それでも自分を変えられるのは自分だけです。


簡単にそれぞれどのように改善すればよいのか考察してみたいと思います。


こちらにまとめましたので確認してみてください。


改善方法 1. 家計簿を付ける
2. 欲しいものの金額と優先順位を決める
3. 情報は自分で調べる
4. 送られてくるメールや書類に目を通す
5. 新しい仕組みやサービスを確認する
6. パスワードや暗証番号を同じにしない
7. 利用明細を月に1回確認する
8. 支払い用の口座とお金を入れておく
9. ポイントの使い道を考えておく


初めのうちは中々大変だと思いますが、クレジットカードを上手に利用できるようにコツコツ実践していきましょう。


項目は9つ挙げましたが、まとめられるところはまとめてそれぞれ解説致します。



毎月の収支を把握する


最初に収入の把握です。


非常に簡単で、給与明細を見て所得がいくらあるか確認するだけです。


所得とは、サラリーマンの場合、支給総額から社会保険や厚生年金、失業保険、その他引かれている金額を控除した残りの金額のことを「所得」と言います。


平たく言うと手取りです。(厳密には少し違うのですが、ここではそのように理解した方がわかりやすいです)


問題は支出の把握です。


これは、可視化する必要がありますので家計簿を付けて把握するのが最もおすすめです。


家計簿と言われてもピンとこない方もいるかと思いますが、フリーソフトがたくさんあり、PCから入力するだけで簡単かつ視覚的に付けることができる上に、収入・支出が一目瞭然です。


これを毎日付けるだけですので、簡単に始められることが理解頂けると思います。


私は20年くらい毎日付けていますが、全く苦になっていません。


なぜなら、入力に多い日でも5分も掛からない作業だからです。


余談ですが、家計簿を付け始めた理由はクレジットカードとは関係が無く、当時お金が思うように貯まらず自分の感覚ではプラスのはずが毎月赤字になっていることに疑問を感じ、友人に話をしたところ家計簿を付けることをすすめられてから毎日つけるようになりました。


家計簿を付けてみると以外に面白くて、想像していたより面倒ではなく、むしろお金の流れがわかるようになったことが嬉しかったです。


付けていくと不思議なもので、買い物や食事の時にそれまで買いたい物や食べたい物を食べていたところ、収支のことが自然と意識されて、今日は買わない、食べ物も節約して安いメニューにしようといった意識が働くようになりました。


もともと細かな計算が苦手で、ものぐさな方でしたが以来意識が変わりました。


家計簿を付けている経験からお伝えすると、慣れるまでは大雑把に分類して付けることをおすすめします


例えば食材を購入して、ねぎ、たまねぎ、キャベツ、お茶がいくらなど細かく入力していくと、時間がかかるだけでそのうち面倒になって付けたくなくなるかも知れません。


もちろん細かく付けると、購入品の相場や傾向がわかるので節約にかなり役立つことは事実です。


習慣化していないうちにそこまで毎日付けようとすると大変なので、先ほどの例で説明しますとまとめて「食費=合計いくら」などで分類し入力してしまった方が良いと思います。


また、買い物の際にはレシートを必ずもらってお財布にしまっておいてください。


記憶に頼ると抜け・漏れが出て正確な収支が把握できなくなります。


レシートがもらえない場合は、スマホのメモ帳に金額を入れておくと良いです。



欲しいものの金額と優先順位を決める


欲しいものがあると我慢できないという方には、買いたい物の金額と優先順位を付けて購入を絞ることをおすすめします。


以前の私もこのタイプで、買いたい物があると我慢できず購入していました。


当時の私の心理では、この服は今買わなければ一生手に入らないかもしれないと思ったり、このジャケットかっこいいと思うといても立ってもいられずに"あとで何とでもなる"っといった感じで購入していました。


今振り返ってみてもなんとも言えない感覚だったと思います。


クレジットカードは、赤字になろうが購入できてしまう魔法のようなアイテムです。


そのため、クレジットカードを利用するために自制心が必要です。


今にして思えば、もし手に入らなかったら入らなかったで良かったのです。


縁があれば別の機会に出会うこともあり、またもっと安く購入できたりする場合もあります。


また、別の魅力ある商品が新しく発売され、そちらの方が良かったということもあります。


そこで、おすすめなのが欲しいができたらどんどんリストアップする方法です。


エクセルが管理し易いのでおすすめですが、なければスマホのメモ機能でも構いません。


書き出す必要があるのは、欲しい商品の金額と優先順位だけです。


その際に、その月の残高を家計簿で確認し、使える金額の範囲内で優先順位の高いものを購入するようにすれば安心です。



必要な情報は自分で確認する


自分で情報を調べるとは、最初にクレジットカード選びがあり、カードの得意分野やお得な利用方法、ポイント獲得方法、改訂や不利益に繋がる大事な情報変更などがあります。


情報は自ら調べなければ中々身につかないだけでなく、その情報が正しいのかもわからず情報に惑わされ、情報の取捨選択が困難になります。


昔と異なり、今はネットがあれば情報は広くたくさん集められるようになりました。


基本的には、カード会社のホームページを確認すれば間違いないのですが、会社のページではなかなか情報が統一されてなく、本当に必要な情報がまとまっていないのが現状です。


そのため、解説サイトを見ながら情報を精査し、その情報が正しい根拠を確認して行くことで上手に利用することができます。


また、カード会社から送られてくるメールや書類には大事な内容が書いてある場合もあります。


たくさん送られてくる上に、たいした内容ではない場合が多いのは事実ですが、中には重要な改訂や内容もあります。


確認せずに削除するのは危険ですので、内容をざっと見るだけでも違いますので確認するようにしましょう。


最初は時間がかかるかも知れませんが、メールを見たり調べること自体は難しくありませんから、意味がわからないところは後回しにして大丈夫ですので積極的に調べるようにしましょう。



新しい仕組みやサービスを理解する


難しいこと、新しいことを利用するために仕組みや内容を理解するには時間がかかります。


最近の技術革新の進歩が早く、どんどん新しい仕組みが開始されると同時にサービスも変化しています。


よくわからないので自分には関係ない、もしくは難しそうだからいいと思っていると自分の不利益になる可能性もあります。


クレジットカードをただ利用するだけでなく、専用アプリや提携しているサービスを利用するかしないかで還元率も大きく異なったりします。


誰でも慣れないうちは、難しい用語や長い説明、規約など事細かに理解する必要はありません。


確認したり調べたりする姿勢が大事なのです。



パスワードや暗証番号はもう覚える時代ではない


情報流失でニュースで見かけるときがありますが、そのリスクを理解しているでしょうか。


私の知人は、以前情報漏えいに巻き込まれたことがあり、その時の話を聞きました。


一番大変だったのがパスワードが一緒だったため、百件以上の全てのパスワードを変更するのに数日かかったことだと聞きました。


情報漏えいの対象者に該当していると判明してからすぐに変更した言っていましたが、パスワードを同じにするとそれほどのリスクを負うことになるのです。


幸いその人の対応が素早かったため、不正利用などの被害に遭わなかったとほっとしていました。


どこからか情報が漏れれば、クレジットカード、キャッシュカード、その他全ての情報が原因で危険にさらされます。


今のネット社会では、ネットショッピングで安いお店が簡単に探せて、そのたびに個人情報を登録するなど、どのお店でどんな情報を登録したかいちいち覚えきれないこともあります。


パスワードを変えるのが面倒だ、覚えきれないという気持ちは十分理解できますが、全てのお店が情報を徹底して安全管理しているとは限らないのです。


クレジットカードだけでなく、不正利用、不正引き出しなどのリスクの被害に遭った時のリスクを優先して頂き、大変でも難しく長い文字列にして、暗証番号もそれぞれ別にして可能な限り同じにしないようにしましょう。


パスワードや暗証番号は覚えるのではなく、管理する時代だと思って対応しましょう。



利用したら必ず必要な金額を用意しておく


クレジットカードを利用するには、登録した引落し用の口座に必要な金額を必ず入れておく必要があります。


そのためには、カードの引き落とし日はいつで、いくら引き落としされるかをカード会社のサイトで確認する必要があります。


どうしても忘れっぽい方や管理が苦手な場合、引落し用の専用口座をひとつ作っておくのがおすすめです。


給与が振り込まれたら、クレジットカードの利用明細と引き落とし日は必ず確認して、必要な額をその口座に移しておきましょう。


以後、毎月それを繰り返すだけです。


そして、その口座のお金は引き出したりしないようにしてください。


いつ、いくら引落しになるかはカード会社によって異なります。


ログインして確認するだけですから、5分もあればできます。


この時、効果的なのは引き落としがかかるとポイントがもらえる銀行ですと、さらにお得なのでおすすめです。


ちなみに、私が別の記事でご紹介しているおすすめの銀行で、住信SBIネット銀行、GMOあおぞらネット銀行、楽天銀行、イオン銀行の4銀行は、カードの引き落としがあるとポイントがもらえるお得な銀行です。


参考に詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



クレジッカードは現金を利用しているのと同じ


気前がよい方や細かいことを気にしない方は、意識を変えるところからはじめます。


お金持ちの方であれば良いのですが、そうでない方で面倒見の良い方やお金のことでケチケチしたくないという方もいるかと思います。


友人にご馳走したり、何かをしてあげたりすることは素晴らしいことです。


そのこと自体は全然良いことですが、その時に自分の収支のことを意識するようにして下さい。


赤字になっても人にご馳走できるのがクレジッカードです。


支払いは、自分に返ってきますし家計がピンチでもカード会社は個人の事情を考慮しません。


友人にお金を借りたときのような、

「事情があって今月返せないから来月にまとめて支払う」

「仕方がない、わかったよ」

なんてことにはなりません。


また、家族がいる方の場合、理解が得られなければ逆に家族の方に悲しい思いをさせてしまいます。


あくまでも収支の範囲内にするように意識することが大切です。



ポイントは利用してこそ価値がある


ポイントはどんどん利用していきましょう。


ポイントは、価値が下がる、狙っていた交換先が無くなるなどの変化のリスクが現金に比べはるかに高いです。


また、目的があれば、最もお得なポイントの使い方など気にする必要もないです。


最初のうちは、ポイントの利用でおすすめの交換先など効果的な使い方を考えたりするものですが、特に使いたいものが無い場合の参考程度でよいかと思います。


どんなに交換率が高くお得に交換できても、求めていない使い方にポイントを利用しても満足度は低くなってしまいます。


例えポイントの価値が半分に下がっても、ANAやJALのマイルに交換して特典航空券が欲しいのであれば、マイルに交換した方が自分とって利用価値があって満足度も高く嬉しいものです。



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


クレジットカードは利用するとポイントがもらえて便利でお得です。


この記事では、クレジットカードに向いていない人の特徴と改善すべきポイントを考察しました。


クレジットカードは、デメリットとして直接金銭的損失や信用の失墜に繋がるリスクがあります。


そうならないようにリスクを負うくらいなら、初めから持たないという選択も有りですし、お得になりたいので活用したいと言う方もいるかと思います。


カード会社と利用者ご本人とがお互いにWin-Winの関係が保てれるようには、自分を変えていく必要があることがお分かり頂けると思います。


自分を変えるのは大変なことですが、コツコツやっていけば変える事ができますので、諦めずに途中で投げ出さずに続けてクレジットカードを上手に活用できるようにしましょう。


この記事が、読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。