セレンディピティな生活術

生活に役立つお得なことや資産運用、楽しいことまで小さな幸せを願いご紹介していきます

クレジットカードを利用しない人は損をしている!? その理由を考察

クレジットカードを利用しない人は損をしている!? その理由を考察


2019年10月から消費税が10%にあがり、政府がポイント還元を元にキャッシュレス決済をすすめています。


キャッシュレス決済ですが、この記事をご覧の方はクレジットカードを利用していますでしょうか。


クレジットカードは知れば知るほど面白い仕組みですし、ポイントがたまりやすく本当にお得なカードもいくつも存在します。


この記事では、クレジットカードを利用する場合と利用しない方ではどのような差が生じているのかを考察し、クレジットカードを利用しない方はどのように損しているのかという考察をまとめました。


私の主観が多々入っておりますので、事実に基づいた根拠のある記事ではないことを最初にお伝えさせて頂きます。


キャッシュレスの方がお得な感じがするけど、クレジットカードに良い印象がないのでためらっている方、お金を使っている感覚がないので使いすぎてしまい無駄遣いしてしまうのではないかと思っている方もいるかと思います。


そうした考えは正しいと思います。


お金の管理が苦手な方はクレジッカードの利用には向いていませんし、現金と違って情報漏えいやスキニングなどの犯罪によって、いつの間にかカード情報を盗まれ不正利用されてしまうケースがあるのは事実です。


この記事を読んだ方が、いろんな考え方があって、その上でクレジットカードを利用した方が良いのか、現金支払いがよいのかなど一度生活スタイルを見つめてみるきっかけになれば幸いです。



クレジットカードの仕組み


私がタイトルのようにクレジットカードを利用しない人は損をしていると考えている理由は、クレジットカードの仕組みにあります。


クレジットカード導入によるお店側の損失はこちらの3つです。


キャッシュレス決済による主な支出

・イニシャルコスト(初期投資)

・決済手数料

・メンテナンスコスト



クレジットカードの仕組みを簡単に記載しますと、お店はクレジットカードを決済するための機械を購入します。


この時点でお店としては、設備のためのイニシャルコスト(初期投資)がかかります。


さらに、クレジットカード決済をすると、クレジットカード会社に手数料を支払う必要があり、こちらもコストがかかります。


イニシャルコストは、例えば政府の助成金などの制度があれば安く抑えることができる可能性がありますが、導入時の一回だけですので、経営者は想定しやすい金額になると思います。


一方決済手数料は、必ず一定のパーセンテージをクレジットカード会社に支払わなければならず、どのくらいの人が決済するか予測がしずらいため、非常に読みにくいコストと言えます。


クレジットカード利用者が多ければ多いほど、導入前の価格のまま商品を販売していては利益がなくなってしまいます。



決済手数料は誰に負担してもらうのか


私の考察ですが、決済手数料分の増加コストは、現金で支払っている方に負担してもらっていると考えています。


お店は商売ですので利益を出す必要があります。


商品の価格を決定する場合、この決済手数料分の負担についてどのようにするかは重要であると考えます。


経営者としては、決済手数料としてクレジットカード会社に支払う負担金額をどのように回収するかです。


手数料分を単純に商品の値段に上乗せしたのでは、購入価格が高くなってしまい買い物客が離れていくかもしれません。


かといってそのままですと手数料を支払う分、利益が減ってしまいます。


合理的に考えますと、買い物客の50%がキャッシュレス決済をすると想定して、少しだけ値段を上げて利益と手数料のバランスを取ります。


一見すると、現金で購入する人もクレジットカードで決済する人も支払う金額は同じですので平等のように見えます。


ですが、クレジットカードで決済した人はポイント還元を受けることができますので、支払った金額の一部がポイントという形で戻ってきます。


このように差分を事前に価格に織り込んでおくことによって、お店は手数料の負担を最小限にしつつ購入者への負担を軽くします。


ですが、その実現金で支払っている方が間接的にクレジットカード決済した人の手数料分を間接的に負担していると考えています。


よって、現金払いの方は知らず知らずのうちに損な役目を担っているのではないかと考察しています。



ポイント還元政策の影響


2019年10月の消費増税で、店舗もキャッシュレスの導入の選択を迫られ、今後のキャッシュレス決済利用客の増加を見込んで導入したお店もありますし、元々対応していた店舗もあります。


2019年10月の消費増税後の消費の落ち込みを抑制するため、国の税金が財源となってこの政策に当てています。


この政策も、現金で支払っている方は増税に協力しただけで、還元という恩恵を受けることはありません。


現金で支払っている方は、キャッシュレス決済で支払っている方に還元するポイント分を代わりに負担しているだけという状況になってしまっています。


本当の意味で消費増税で現金払いの方もクレジットカード決済している方も平等に負担している状態となるのは、2020年7月以降といえます。


それは、2020年6月末までポイント還元政策は続くためです。


今のうちにクレジットカード決済をするようにしてポイント還元を上手に活用しておくとよいでしょう。


この政策が7月以降も続く保証はありませんので。



すべてのお店がそうしているのか?


今まで考察したお店の対応ですが、もちろんすべてのお店がそうしているわけではないでしょう。


中には、経営努力で利用者に負担をかけないように対応している店舗もたくさんあると思います。


商品を購入するのであれば、そのようなお店で買い物をしたいですね。



2019年の消費増税で見かけた疑問に思ったお店


増税のタイミング、その他円高や円安、原材料の高騰を理由に商品価格が上がることがあります。


私が今回2019年の消費増税で見かけた少し疑問な対応をしているお店がありましたのでご紹介したいと思います。


それは、消費税は2%しか上がっていないのに、商品の値段が2%以上高くなっているお店をちらほら見かけました。


しかも、キャッシュレス決済を導入した訳でもありません。


ただ単に料金が上がっているのですが、商品が一律50円上がっているお店や中には10%くらい上がっているお店を見かけました。


例えば、元々600円の商品が650円となっていましたので、値上がり率は8%以上で、500円が550円で10%の値上げです。


消費増税が2%ですから、6%~8%もさらに値上げしている計算になります。


なぜこのような値上げを実施したのか定かではない分、今後このようなお店で商品を購入するのをためらってしまいます。


再計算するのが面倒だったのか、高騰せざるを得ない深い理由があるのかもしれませんが、さすがにそれはやりすぎだと感じました。


それぞれ今まで買い物をしたり食事をしたりしていたお店でしたが、今後買い物をしないようにしようと思ってしまいました。



疑問がある場合は避けるのが吉


クレジットカードの話から少しそれてしまいましたが、話を元に戻します。


クレジットカード決済に対応していることだけはなく、消費増税後に増税分以上の値上げをしていないかも確認して、値上がりに疑問があるお店での買い物はなるべく避ける方が賢明かなと思いました。


消費税は、収入に関係なく皆が一律に負担する税金です。


そのため、少しでもその負担を減らすことができる手段としてクレジットカード決済があります。


少しでも安いお店で、お得に買い物をして生活費を節約していきましょう。



クレジットカードの選び方は?


クレジットカードと言ってもたくさんありすぎて、どのカードがどうお得なのかよくわからないと思います。


クレジットカード選びのポイントは、自分の生活スタイルに合っていることが一番です。


この生活スタイルとは何を指しているのか。


それは、良く利用するお店でポイントを効率的にためることができるクレジットカードを選ぶことです。


楽天ショップを良く利用する方は、楽天カードを利用するのが最も生活スタイルにマッチしています。


同様に、イオンで良く買い物をする方は、イオンカードがおすすめです。


このように、おすすめのカードとは自分が良く利用するお店でお得になるクレジットカードのことです。


特定のお店に行くわけではないという方は、獲得したポイントの利用しやすさという観点で選ぶと利用価値が高いと言えます。


共通ポイントがたまるクレジットカードであれば、獲得したポイントの使い道で悩むことはほとんどないでしょう。


共通ポイントとは、ポイントのグループに提携していて、提携しているお店同士なら共通して利用できるポイントのことです。


共通ポイントの主なものは、楽天スーパーポイント、Tポイント、dポイント、Pontaポイント、JREポイントなどがあります。


Tポイントがたまる"Yahoo! Japanカード"、dポイントがたまる"dカード"、Pontaポイントに等価交換できる"リクルートカード"などは、還元率が高くポイントがたまりやすいだけでなく、ためたポイントが1ポイントから利用できるなど効率的に幅広く利用できるのでおすすめです。


参考までに、ご紹介したカードについてはこちらに記事にまとめてありますので是非ご一読くたざい。

あわせて読みたい



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


クレジットカードを利用しない人は損をしているという考えについて、私見を述べさせていただきました。


まとめるとこのような理由です。


利用しない人は損している可能性 ・クレジットカード利用者の決済手数料を間接的に負担している
・ポイント還元の利益を受けられない


クレジットカード利用者の決済手数料を間接的に負担していると思っているのは、この記事で述べた通り誰が手数料を負担するのかという考えをもとに考察いたしました。


消費税も上がり、社会保障費の負担増、その他今後ますます何かしらの負担が増えて家計に重くのしかかってくるかもしれません。


そのため、少しでも節約したり余計な支出は抑えたいですね。


この記事が、読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。