セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

リクルートカードは高還元でお得なカード! メリット・デメリットを徹底解説

リクルートカードは高還元でお得なカード! メリット・デメリットを徹底解説


リクルートカードは高還元でお得なカード! メリット・デメリットを徹底解説



リクルートカードは、株式会社リクルートホールディングスが発行しているクレジットカードです。

リクルートと言えばリクナビなどの就職・転職を手がけ、じゃらんやホットペッパーなど宿泊・食事など、WEBサイトも運営し幅広く展開している大手企業です。

リクルートが発行している高還元率で人気のカードについて、魅力とメリットとデメリットを解説していきます。

   
特徴 内容
還元率 1.2% 100円 = 1.2ポイント
年会費 無料
有効期限 1年
ただし、ポイント獲得のたびに延長されるので実質無期限
たまるポイント リクルートポイント
たまる電子マネー JCBブランド・・nanaco、Suica
VISAブランド・・nanaco、Suica、楽天Edy、SMART ICOCA
Masterブランド・・nanaco、Suica、楽天Edy、SMART ICOCA、au WALLET
海外旅行保険 対応
ETCカード JCBブランド・・年会費無料、発行手数料ともに無料
VISAブランド・・年会費無料、発行手数料 1,000円+税
Masterブランド・・年会費無料、発行手数料 1,000円+税
Apple Pay 対応


リクルートカードは、国際ブランドによりサービス内容が異なる点に注意が必要です。

まず最初にメリットとデメリットをまとめましたので、お急ぎの人はこちらだけでも確認してみてください。



リクルートカードのメリット ・年会費無料
・還元率が1.2%と高還元率
・nanco、suicaへのチャージでポイントがもらえる
・じゃらんやホットペッパーで決済するとポイントがさらに2%もらえる
・海外旅行保険が付帯している
・Pontaポイントと統合しリクルートポイントの使い道が増えた
・Pontaポイントとdポイントが相互交換できる
・入会キャンペーンが充実している
・Apple Payに対応



リクルートカードのデメリット ・Pontaポイントカードとしては利用できない
・リクルートカード単独でポイントの二重取りできる提携店舗が無い
・国際ブランドによりサービスが異なるため、知らないと損な場合がある



それでは解説致します。


還元率が1.2%と高還元率

2019年現在、還元率1%のクレジットカードが高還元率ですので、リクルートカードは頭ひとつ抜け出しているカードになります。

還元率重視の方には最有力候補の1枚となります。


nanco,suicaへのチャージでポイントがもらえる

全国際ブランド共通で特に素晴らしいのが、nanacoチャージでポイントがもらえる点です。


他のクレジットカードは軒並み廃止か減額されている状況ですが、リクルートカードは2019年現在も還元率が維持されていて1.2%もらえますので、こちらのメリットだけでも発行する価値があります。


ご存知の方も多いと思いますが、nanacoは公共料金の支払いに使える電子マネーですので、間接的ではありますがnanacoを通してクレジットカードポイントがもらえます。

通常、公共料金の支払いでポイントはもらえません。

それを可能にしているのが電子マネーnanacoです。

公共料金や税金の支払金額は大きいため、もらえるポイントもその分大きくなりますのでお得ですね。


以前は無制限でポイントがもらえたのですが、2018年4月16日からチャージ金額に3万円という一ヶ月の上限がついてしまいました。

それでも還元率を維持しているのは不幸中の幸いといえます。

例えば、比較対象候補の楽天カードはポイント廃止、Yahoo Japanカードは1%から0.5%へダウンしました。

もし、3万円以上の税金支払い予定がわかっている場合は、計画的にnanacoにチャージすることをおすすめします。


じゃらんやホットペッパーで決済するとポイントがさらに2%もらえる

宿泊サイトじゃらんやホットペッパー系(グルメ、ビューティー)で予約したあと、リクルートカードで支払うと1.2%のポイントとは別に2%のポイントがもらえます。

また、イチオシ特集でさらにポイント還元しているプランもありますので、じゃらんなどWEBサイトを上手に利用するとお得になります。




海外旅行保険が付帯している

利用付帯ですが、リクルートカードには海外旅行保険が補償されています。

利用付帯とは、海外旅行に行くときのツアー料金をリクルートカードで支払った場合に適用されるといった条件付きの補償のことです。

補償内容はこちらになります。

海外旅行保険の補償対象 内容
保険期間 90日
適用条件 利用付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 2,000万
傷害治療費用 100万
疾病治療費用 100万
賠償責任 2,000万
携行品損害 20万
救援者費用 100万


リクルートカードの補償だけですと海外では十分とは言えませんので、他の海外旅行保険が付いているクレジットカードを発行して補うと安心です。


参考までに、補償を補うおすすめのクレジットカードはエポスカード、横浜インビテーションカード、25歳以下の方であればセゾンブルー・アメックスカードもおすすめです。


海外旅行保険について詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい



また、海外旅行保険が充実したおすすめのクレジットカードについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい


Pontaポイントと統合しリクルートポイントの使い道が増えた

Pontaポイントとリクルートポイントが統合されたことで、獲得したリクルートポイントの使い勝手が飛躍的に向上しました。

それまでリクルート関連でしか利用できず、ポイントはもらえても使い道が少なく利用しにくかったデメリットが解消されました。


Pontaポイントは、ローソンをはじめ提携店で1ポイントから利用できますので、まとまったポイントを持っていない場合でも幅広く利用できますね。


Pontaポイントとdポイントが相互交換できる

さらに使い勝手が良くなったのが、Pontaポイントがdポイントと相互交換できるという点です。

dポイントは、マクドナルドやマツモトキヨシなどこちらも幅広く利用できるポイントです。

リクルートカードで貯めたポイントを、ポイント移行のひと手間はかかりますが、生活スタイルにあった使い方へ自由度がさらに広がるということになります。


入会キャンペーンが充実している

リクルートカードを発行すると、入会キャンペーンでだいたい6,000ポイント、週末などでは8,000~10,000ポイントと増えている場合もありますので、週末の方が狙い目かもしれません。


6,000ポイントのうち、大半がカードの利用と携帯電話の支払いをするともらえるポイントですので、発行したら積極的に利用し、携帯電話の支払もリクルートカードにしましょう。

ただ、電話の支払いですが格安SIMの方は対象にならないので注意が必要です。


Apple Payに対応

リクルートカードはApple Payに正式に対応しています。

iphoneに登録してお財布ケータイとして利用するとさらに便利になりますね。




メリットの多いリクルートカードですが、デメリットもありますので解説します。


Pontaポイントカードとしては利用できない

Pontaポイントと統合したとはいえ、リクルートカードはあくまでリクルートポイントがたまりますので、Pontaポイントをためる機能はありません。

リクルートポイントをPontaポイントとして利用するためには、Pontaポイントカードを別に発行するというひと手間が必要です。



リクルートカード単独でポイントの二重取りできる提携店舗が無い

ポイントの二重取りとは、例えば買い物をしたお店がポイントの提携店で、リクルートカードで支払うとクレジットカードポイントとは別に提携店でポイントがもらえるといった仕組みです。

リクルートカードにはそのような提携店がありませんので、単独でのポイント二重取りはできません。

単独ではできませんが他のポイントカードと組み合わせれば可能です。

Pontaポイントカードを提示するとローソンで買い物をした時にPontaポイントがもらえますが、支払いをリクルートカードにするとPontaポイント+リクルートカードポイントで二重取りは可能です。



国際ブランドによりサービスが異なるため、知らないと損な場合がある

リクルートカードのややこしい点として、国際ブランドによってサービスが異なります

そのため自分のライフスタイルや目的にあっていないと、実はお得ではなかったという場合もあります。

例えば、電子マネーの楽天Edyを良く利用しているのでリクルートカードでチャージしていたとします。

年間10万円分くらいチャージして、その分ポイントがもらえてお得に利用できていると思っていたら全然ポイントついていなかった。

本当なら1,200ポイントもらえているはずだと確認してみたら、発行した時の国際ブランドがJCBだったというような場合です。

逆のパターンもあります。

ETCカードが年会費無料なので発行したら、発行手数料1,000円請求された。

無料だと思っていたので確認したら、国際ブランドがVISA(Master)だったという場合です。(JCBはどちらも無料)

ちなみに誤解のないようにお伝えしますと、ETCカードで年会費無料のカードは貴重だと思ってください。


まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

リクルートカードは高還元率のカードで、nanacoチャージでもポイントがもらえる貴重なカードです。

メリットが多くポイントの使い勝手もよいことからおすすめの1枚です。

利用用途によって最初の国際ブランド選びが重要になりますが、知って確認した上で発行すれば問題はなくなりますね。

この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。