セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

海外旅行保険の自動付帯と利用付帯の違いとキャッシュレス診療についてやさしく解説

海外旅行保険の自動付帯と利用付帯の違いとキャッシュレス診療についてやさしく解説


海外旅行保険の自動付帯と利用付帯の違いとキャッシュレス診療についてやさしく解説




クレジットカードのサービスの一つに海外旅行保険があります。

海外旅行保険とは、海外旅行に行った際に見舞われる様々なアクシデント(病気、怪我、事故、死亡、盗難、購入品の破損、ニセ物など)に対し補償してくれるサービスです。

旅行代理店を通して旅行をするとすると、不測の事態に備えて短期の旅行保険への加入を勧められます。

保険に入っていないとツアー会社も万が一の時にサポートすら出来なくなってしまうので、渡航先によっては保険に入ることが条件だったりもします。

クレジットカードの中には、海外旅行保険がサービスとして付いているものもあります。

クレジットカードで主に付いている保険の補償内容はこちらです。

クレジットカードの海外旅行保険>

死亡・後遺障害

疾病治療費用

障害治療費用

賠償責任

携行品損害

救援者費用


この他にも稀にロストバゲージ保険、飛行機遅延保険が付帯しているクレジットカードもあります。

ちなみにロストバゲージ保険とは、手荷物を間違えて別の便に乗せられてしまった時の補償で、飛行機遅延保険はそのままの意味で飛行機が遅れて乗り継ぎ出来なかったりした時の補償です。

それぞれ簡単に説明致します。

死亡・後遺障害

死亡・後遺障害とは、事故死もしくは障害が残ったときに支払われる補償です。

海外版の生命保険というイメージです。

カード付帯保険では病気が原因での死亡は、保険の対象外です。

疾病治療費用

疾病治療費用とは、病気で治療費がかかったときに支払われる補償です。

海外旅行保険では重視すべき重要な補償です。

障害治療費用

障害治療費用とは、怪我で治療費がかかったときに支払われる補償です。

海外旅行保険では疾病治療費用と並び重視すべき重要な補償です。

賠償責任

賠償責任とは、他の人から損害賠償を請求されたとき支払われる補償です。

つまり海外での損害保険といったイメージです。

例えば宿泊先やお店の物をうっかり壊してしまったときに補償してくれる保険です。

携行品損害

携行品損害とは、持ち物の盗難や破損のときに補償してくれる保険です。

つまり海外での盗難保険といったイメージです。

注意点は、置き忘れなどの自己の過失による紛失は保険対象外である点です。


救援者費用

救援者費用とは、行方不明になったときの捜索にかかる費用や病気や事故などで重症のときに、日本にいる親族に看病に来てもらう費用などが発生したときです。

また、飛行機やヘリコプターなどで病院へ医療搬送するときの費用もこちらの補償対象です。



海外旅行保険が適用されるには条件がある

クレジットカードの海外旅行保険が適用される条件として、自動付帯と利用付帯の二種類あります。

自動付帯と利用付帯の違いはこちらです。

自動付帯と利用付帯の違い ・自動付帯・・クレジットカードを所持しているだけで保険が適用される
・利用付帯・・クレジットカードで旅行代金などを支払った場合に保険が適用される

自動付帯は持っているだけで保険が適用されるのに対して、利用付帯はカードで旅行費用(ホテル代、渡航費など)を支払った場合に限り適用される保険です。

利用付帯の主な適用条件

・ツアー代金

・旅行で利用する公共交通機関の料金(飛行機、電車、バスなど)

・空港に行くために利用した公共交通機関の料金


このような大きな違いがありますので、勘違いして保険がついているからと作ったクレジットカードで、万が一海外で怪我をしたときに保険が適用されなくて困ったという結果を招くこともありますので注意が必要です。



注意点①


自動付帯、利用付帯いずれでも注意すべきことがあります。

ひとつは対象となる期間です。

大抵のクレジットカードでは出国した日から90日が一般的ですが、中には30日、60日と短い期間の場合がありますので、保障期間の確認も必要です。



注意点②


自動付帯の注意点で、規約をよく読むと自動付帯となっていても実は部分自動付帯だったというカードもあります。

利用してはじめて満額の保証となるケースで、自動付帯分で補償いくら、利用して満額のいくらという書き方になっていると思います。

自動付帯分の補償は軒並み低く設定されているケースです。



注意点③


利用付帯の注意点で、先ほど利用付帯はカードで旅行費用(ホテル代、渡航費など)を支払った場合に限り適用されると説明しました。

その適用条件はクレジットカード会社によって異なります。

例えば、こちらのようなケースです。


適用基準が異なるケース

・航空券をクレジットカードで支払ったら適用される(例:三井住友VISAカードクラシック)

・日本を出る前の公共交通機関でカード払いしたら適用される(例:楽天カード)


この場合、カード会社ごとに異なる利用条件を満たさないと補償されません。

適用期間や利用付帯の条件など、各クレジット会社の規定を利用前に一度見てみると良いと思います。


どちらがおすすめか

自動付帯がおすすめです。

自動付帯は、所持しているだけで保険が適用されるというのが大きなメリットです。

総じて利用付帯のカードの方が、自動付帯保険よりも補償額が大きくなる傾向がありますが、カードの適用条件を満たすように意識しておく必要があります。

一番良いのはツアー代金そのものをカードで支払うことです。

そして、海外旅行で最も必要な補償は、
・傷害治療費用
・疾病治療費用
の二つで、怪我と病気です。

このふたつの重要な補償ですが、自動付帯と利用付帯では利用付帯の方があきらかに優れているということはないです。

したがって、旅行前の慌しい中ではクレジットカードの利用付帯のことまで気が回らない可能性もありますので、自動付帯のカードの方がおすすめとなります。


補償額の上乗せ

今お手持ちのクレジットカードで補償額が心許ないと感じるようでしたら、海外旅行保険の自動付帯のクレジットカードを、何枚か追加で発行すると良いです。

理由は、クレジットカードの補償は上乗せできるためです。

仮に、三井住友VISAカードクラシックA、楽天カード、エポスカードの3枚を持っていて、楽天カードで旅行代金を支払いしたとします。

補償は上乗せされますが、言葉ではイメージしにくいと思いますので、こちらの表でご確認下さい。

   
海外旅行保険 三井住友VISAカードクラシックA 楽天カード エポスカード 補償金額
保険期間 90日 90日 90日 90日
適用条件 自動付帯 利用付帯 自動付帯
キャッシュレス診療 可能 可能 可能 可能
傷害死亡/後遺障害 300万 500万 2,000万 2,000万(最高額が適用)
傷害治療費用 100万 200万 200万 500万(合算できる)
疾病治療費用 100万 200万 270万 570万(合算できる)
救援者費用 150万 100万 200万 450万(合算できる)
賠償責任 2,500万 2,000万 2,000万 6,500万(合算できる)
携行品損害 20万(自己負担3,000円) 20万(自己負担3,000円) 20万(自己負担3,000円) 60万(自己負担3,000円)




診療時に支払いが必要かどうか


海外旅行保険が付帯されているクレジットカードで、確認すべきポイントがもうひとつあります。

それはキャッシュレス診療に対応しているかどうかです。


キャッシュレス診療とは

キャッシュレス診療とは病院で診察や診療が必要になった場合、自分で支払わなくても良く後日病院からカード会社に請求がいく仕組みです。

一方、キャッシュレス診療に対応していないタイプのカード会社の場合、掛かった費用は現地で一旦全額支払い、後日自分でカード会社に請求する仕組みです。


キャッシュレス診療の流れ 1. クレジットカード保険関係の部署に電話する
2. 氏名・クレジットカード番号を伝える
3. 日本を出国した日と帰国予定日を伝える
4. 病気(怪我)はいつ・どこでかかって、どんな状況か伝える
5. 今滞在している都市や病院で通訳が必要か伝える


そのあと、聞き取りの状況から海外旅行保険の適用が可能か判断してもらえます。

適用可能な場合、病院を指定されますので指示通りに病院に行って治療を受けるだけです。

このとき、病院までの交通費は保証の対象にはなっていませんので、ダメもとで精算可能か確認した方が良いです。

精算しても良い場合、どのようにすれば良いかも確認しておきましょう。

もちろん治療が終わっても支払いの必要はありません。

後日病院から請求はクレジットカード会社に直接行きます。


どちらがおすすめか

キャッシュレス診療がおすすめです。

病院の手配もカード会社が行ってくれて、何より自分で支払う必要がないのは手持ちの資金に余裕が無いときには非常に助かります。

海外では日本のような保険制度(自己負担3割など)ではありませんので、医療行為に対して100%の金額を支払う必要があります。

そのため、かなりまとまった金額を請求されますので、キャッシュレスに対応していないと病院でデポジットの提供を求められるか、手持ちの資金を確認されお金が少ないと断られる可能性もあります

※デポジットとは保証金のことです。

さらに別のリスクとして、後日カード会社に請求しても断られることもあります。

断られるということは、海外旅行保険の適用外と判断されるケースです。

保険が使えると思って安心して治療を受けた後、請求したら保険が使えない病気や怪我のケースだったという場合がっかりしますね。

そのため、事前に海外旅行保険の適用範囲内か確認できるキャッシュレスの方がおすすめです。

以上より、海外旅行保険が付いているクレジットカードを選ぶ時に確認すべきポイントはこちらです。

確認すべき補償内容

・自動付帯

・傷害治療および疾病治療費用が充実している

・キャッシュレス診療


また、海外旅行保険が付いているからといって、傷害治療および疾病治療補償やその他の補償が必ずしも付いているとは限りませんのでくれぐれも注意して下さい。

中には海外旅行保険が2,000万円で手厚い補償! とのキャッチコピーで補償内容を見たら、死亡・重度障害のみ付いていて他は何も補償されていないカードだったということにならないように、補償の内容は必ず確認して下さい。


読んで頂いてお気づきの方もいるかもしれませんが、海外旅行保険の補償は大きな支出となるためカード会社にとってリスクが高いサービスです。

そのため、年会費無料のクレジットカードでは特に自動付帯となると滅多に付いていないサービスです。



まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

海外旅行保険の補償といってもカード会社によって内容は異なりますので、その内容を見てもどんな補償でどのような条件で適用されるのかわかりにくい場合もあるかと思います。

わかりにくい場合は、渡航前にカード会社に確認をしておいた方がよいですね。

この記事で、海外旅行保険サービスが付いているクレジットカードについて、自動付帯と利用付帯の違い、キャッシュレス診療について解説いたしました。

この記事を読んでいただく方には、このような素晴らしいサービスが廃止されないようカードを発行した後に適度に利用して頂ければと思います。

年会費無料のカードだからといって持っていても利用せず、海外旅行に行って補償だけ利用されれば、カード会社にとっては非常な損失になってしまいます。

そうするとサービス自体を廃止せざるを得なくなるか、年会費を有料にするかなど変更を余儀なくされるかもしれません。

お互いにWin-Winの関係が保てれるようありがたくサービスを利用させて頂きましょう。