セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

海外旅行保険が充実したおすすめのクレジットカード5選 持つべきカードをご紹介

海外旅行保険が充実したおすすめのクレジットカード5選 持つべきカードをご紹介


海外旅行に行くときには、必ず持っていきたいアイテムの一つがクレジットカードです。


その理由はこちらです。


クレジットカードを持つメリット ・両替手数料をお得にできる
・宿泊やレストランで信用される
・現金の所持金を減らせる
海外旅行保険が付いているカードがある


通常キャッシングはおすすめしませんが、海外旅行となると話は別です。


普通に両替すると、手数料が結構かかります。(だいたい5%くらい)


現地に着いてから両替すると、場所によっては10%など高額の手数料が掛かったりすることもあります。


そのため、クレジットカードのキャッシングサービスの手数料を考慮しても安く済む場合もありますので、選択肢のひとつになります。


また、海外ではクレジットカードを持っていることで個人の信用力が上がるだけでなく、防犯上の意味でも手持ちの現金は極力減らすこともできますので、一石二鳥にもなります。


そんなクレジットカードに、海外旅行保険が付いている貴重なカードがあります。


クレジットカードに保険が付いていれば、旅先で事故・怪我・病気で緊急でお金が必要になった時にとても心強いです。


この記事では、海外旅行保険の補償が充実していておすすめのクレジットカードをご紹介いたします。


おすすめのクレジットカード5枚はこちらになりますので、お急ぎの人はこちらだけでも確認してみてください。


■ おすすめ5選 ■
1. エポスカード
2. REXカード
3. 横浜インビテーションカード
4. 三井住友クラシックカードA
5. セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下)



おすすめの基準とは



クレジットカードに付いている海外旅行保険ですが、おすすめの基準として下記の3つに対応していることが挙げられます。


おすすめの基準

・6つの補償が付帯されている

・自動付帯である

・キャッシュレス診療である



6つの補償が対象になっている



クレジットカードごとに、補償対象や補償金額が異なります。


そのため、下記6つの補償が付帯されいるものがおすすめです。


クレジットカードの海外旅行保険

死亡・後遺障害

疾病治療費用

障害治療費用

賠償責任

携行品損害

救援者費用



自動付帯



自動付帯とは、クレジットカードを持っているだけで補償の対象となるサービスのことです。


反対に、利用付帯となっているクレジットカードがあり、こちらはツアー代金などを支払った場合にのみ補償が適用されるサービスです。


そのため、特に意識しなくてもサービスが適用される自動付帯がおすすめです。


キャッシュレス診療


キャッシュレス診療とは、自分で代金を支払う必要がないサービスです。


キャッシュレスに対応していない場合は、一旦自分で現地で治療費を全額負担する必要があります。


そのため、大きな費用が必要になったり、病院までの移動や手配など自分で対応しなければならないのは正直厳しいので、キャッシュレス診療がおすすめとなります。


簡単にご説明いたしましたが、クレジットカードに付いている海外旅行保険の詳細について詳しく知りたい方のために、こちらで詳しく記事にまとめてありますので是非ご一読ください。


あわせて読みたい




以上の要件から、おすすめのクレジットカードをご紹介致します。



エポスカード


先ほど簡単に説明させて頂いた重要な補償である「疾病治療費用」と「傷害治療費用」が手厚く、年会費無料で持てるクレジットカードです。


付帯している保険の内容はこちらです。

海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 500万
傷害治療費用 200万
疾病治療費用 270万
賠償責任 2,000万
携行品損害 20万
救援者費用 100万


普段使いとして利用する場合ですが、還元率0.5%であるためあまり向いているとはいえません。


しかし、エポスカードには上位カードとしてエポスゴールドカードがあります。


エポスゴールドカードはインビテーション(招待)を受けて獲得すると、年会費5,000円がずっと無料になります。


年会費無料で持てるゴールドカードは貴重ですし、さらに補償が手厚くなるのでインビテーションを狙うのもおすすめのカードです。



エポスカードについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい




REXカード


こちらも重要な補償である疾病治療費用と傷害治療費用が手厚く、年会費無料で持てるクレジットカードです。


付帯している保険の内容はこちらです。

海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 2,000万
傷害治療費用 200万
疾病治療費用 200万
賠償責任 2,000万
携行品損害 20万
救援者費用 200万


REXカードは還元率1.25%と高いのですが、少し癖のあるクレジットカードで、2,000円で25ポイントが貰えます。

元々の還元率は1.75%でしたが、のちに1.5%にダウンして2017年からは1.25%になって今に至るというカードです。


それでも還元率はかなり高いので、ある程度まとまった金額のお買い物の際に利用すると効果的です。



横浜インビテーションカード


こちらも重要な補償である疾病治療費用と傷害治療費用が手厚く、年会費無料で持てるクレジットカードです。


付帯している保険の内容はこちらです。


海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 2,000万
傷害治療費用 200万
疾病治療費用 200万
賠償責任 2,000万
携行品損害 20万
救援者費用 200万


普段使いとして利用する場合は還元率0.5%であるため、他の高還元率(1.0%)のカードを利用すると良いと思います。


また、横浜インビテーションカードとのカード名ですが、横浜に住んでいなくても大丈夫ですし、招待制でもありませんので、誰でもカードを発行できます。



三井住友クラシックカードA


上記3つに比べると少々補償が下がりますが、疾病治療費用と傷害治療費用はなかなか手厚くなっています。


付帯している保険の内容はこちらです。


海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 300万(利用付帯分だと2,000万)
傷害治療費用 100万
疾病治療費用 100万
賠償責任 2,500万
携行品損害 20万
救援者費用 150万


三井住友クラシックカードAは、年会費が1,500円+税がかかるカードです。


普段使いとして利用する場合は還元率0.5%であるため、他の高還元率(1.0%)のカードを利用すると良いと思います。


三井住友クラシックカードという別のカードがありますが、こちらは年会費が少し安い(1,250円+税)代わりに補償が下がっていて、しかも完全利用付帯のカードです。


おすすめは"A"が付いているカードです。


"A"が付いているカードの方をおすすめする理由は、海外旅行保険の補償が充実しているというのもありますが、それだけではありません。


三井住友クラシックカードAも三井住友クラシックカードもいずれも年会費を無料にする方法があるためです。


三井住友カードのサービスに「マイ・ペイすりぼ」というリボ払いの仕組みがあり、そのサービスに登録して年1回以上カードを利用すると年会費無料になります。


通常リボ払いは、利息がかなり高いので利用をおすすめしません。


ですが三井住友カードのマイ・ペイすりぼの設定をしても、実質1回払いと同じになる裏技があります。


それは、リボ払いの上限額をショッピング枠と同じにすると、リボ払いが通常の一回払いと同じになります。


そのため、年会費をどちらも無料にできますので、補償が上の三井住友クラシックカードAをおすすめいたします。



三井住友VISAカードについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい




セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下)


25歳以下の方には、こちらセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンブルーアメックスカード)がおすすめです。


疾病治療費用と傷害治療費用の補償は手厚くなっています。


付帯している保険の内容はこちらです。


海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 3,000万
傷害治療費用 300万
疾病治療費用 300万
賠償責任 3,000万
携行品損害 30万
救援者費用 200万


このように手厚い補償がついていて25歳以下は年会費無料となっているカードです。


残念ですが、26歳以上の方は年会費が3,000円かかります。


そのため、25歳以下の方におすすめのカードです。



その他のカードをご紹介


参考までに、他にこちらのようなカードもありますという意味でご紹介致します。


ソードアード・オンライン/竜馬カード


アニメ「ソードアート・オンライン」とコラボレーションしたクレジットカードがソードアード・オンラインカードです。


もう一つが幕末の英雄 坂本竜馬をデザインしたカードが竜馬カードです。


いずれもライフカードというカード会社が企画・発行しているクレジットカードです。


付帯している補償の内容は、どちらのカードも同じくこちらです。


海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 2,000万
傷害治療費用 200万
疾病治療費用 200万
賠償責任 2,000万
携行品損害 20万
救援者費用 200万


年会費は初年度は無料、2年目以降本会員1,350円(税込)ですが、年一回でも利用すれば無料となります。


そのため、実質年会費無料で持てるカードと言えます。


ソードアート・オンラインが好きな方や、少し変わったクレジットーカードの盤面を使うことに抵抗のない方向けのカードといえます。


ライフカード系のカードですので、誕生月はポイント3倍になったりと使い勝手の面でも良いカードと言えます。


ミライノカードゴールド


こちらはゴールドカードとなります。


年会費は3000円+税かかりますが、年間100万円以上決済すると年会費が無料になります。


補償はゴールドカードの中でもトップクラスの手厚さで、これほど高額の補償が付いているカードはほとんどありません。


海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 2,000万(利用付帯分で5,000万)
傷害治療費用 500万
疾病治療費用 500万
賠償責任 5,000万
携行品損害 50万
救援者費用 300万


こちらのカードは、住信SBIネット銀行とJCBが提携して発行しているクレジットカードです。


住信SBIネット銀行に口座がない方でも申し込めますが、口座を持っている人はお得な特典が多いのが特徴です。


余談ですが、住信SBIネット銀行は、ネット銀行の中でも使い勝手が良くおすすめの銀行です。



自動付帯でキャッシュレスのクレジットカードは他にもあるのですが、年会費が無料にできなかったり、クレジットカードとして持つことをあまりおすすめできないカードだったりします。


サブカードとして持つ可能性のあるカードですので、年会費を支払ってまで利用するかわからない補償を持つのはあまりおすすめできないためです。


利用付帯のクレジットカードですが、普段使いにもおすすめのカードで非常に使い勝手も良いことからご紹介いたします。


楽天カード、リクルートカード


最後にこちらの2つのカードをご紹介いたします。


2つとも自動付帯ではなく利用付帯ですが、キャッシュレス可能で年会費も無料、さらに還元率が高く普段使いにもおすすめのクレジットカードです。


海外旅行保険の補償対象 楽天カード リクルートカード
保険期間 90日 90日
適用条件 利用付帯 利用付帯
キャッシュレス診療 可能 可能
傷害死亡/後遺障害 2,000万 2,000万
傷害治療費用 200万 100万
疾病治療費用 200万 100万
賠償責任 2,000万 2,000万
携行品損害 20万 20万
救援者費用 200万 100万


還元率が高いカードですので、旅行代金をこちらのカードで支払うことでポイントがたくさん貰えます。


利用付帯のクレジットカードですが、利用するとお得なカードで補償も充実しているのでご紹介いたします。



楽天カードの詳細について詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



リクルートカードの詳細について詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


年会費無料で持てるクレジットカードでは、なかなか付いていないサービスの海外旅行保険の補償。


その中でも補償が充実していておすすめのクレジットカードをご紹介いたしました。


海外旅行に行くときには、是非とも欲しいサービスです。


あると安心の補償ですので、この記事を読んで頂いた方の参考になれば嬉しいです。