セレンディピティな生活術

生活に役立つお得なことや資産運用、楽しいことまで小さな幸せを願いご紹介していきます

横浜インビテーションカードとは? メリット・デメリットを解説 年会費無料、海外旅行保険が充実

横浜インビテーションカードとは? メリット・デメリットを解説 年会費無料、海外旅行保険が充実


横浜インビテーションカードは、あまり有名なクレジットカードではないため知らない方も多いと思います。


このクレジットカードは、普段使いとして利用するには向いていませんが、誰にでもおすすめできる理由があります。


それは、年会費無料で海外旅行保険が充実している素晴らしいカードのためです。


ちなみに横浜という名前がついていますが、横浜に住んでいなくても誰でもカードを発行できますのでご安心ください。


この記事では、横浜インビテーションカードのメリットとデメリットを解説いたします。


最初に横浜インビテーションカードの基本的な特徴をまとめましたのでご確認ください。
   
特徴 内容
還元率 0.5% 200円 = 1ポイント
年会費 無料
有効期限 2年
たまるポイント ラブリィポイント
たまる電子マネー Suica、ICOKA
海外旅行保険 あり
ETCカード 無料
Apple Pay 対応


まず最初にメリットとデメリットをまとめましたので、お急ぎの人はこちらだけでも確認してみてください。


横浜インビテーションカードのメリット ・年会費無料
・J'sコンシェルのサービスを利用できる
海外旅行保険が付いてしかも補償が手厚い
・ETCカードが無料
・Apple Payに対応




横浜インビテーションカードのデメリット ・還元率が0.5%と低くメインカードには向いていない
・ポイントの使い勝手があまり良くない



それぞれ解説致します。



年会費無料


海外旅行保険の保証が付いている年会費無料のクレジットカードは珍しいです。


サービス内容が充実していて年会費が無料と素晴らしいクレジットカードです。


仮に年間一回もカードを利用しなかったとしても無料ですので気軽に作れます。



J'sコンシェルのサービスを利用できる


J'sコンシェルサービスとは、ジャックスカード会員専用の優待サービスです。


サービスの一環として割引などの優待サービスを受けることができたりします。


クレジットカードを発行した後、ジャックスインターコムクラブの会員に登録するとJ'sコンシェルのサービスが受けられるようになります。


主な内容としては、国内外ツアー、ホテルの割引サービス、レジャー施設、映画館、カラオケなどの割引などたくさんあります。



海外旅行保険が付いてしかも補償が手厚い


横浜インビテーションカードをおすすめする理由がこちらです。


年会費無料のカードでは滅多についていないサービスの海外旅行保険です。


特に補償額が高く、自動付帯、キャッシュレス診療の3つが標準サービスとなっている点です。


付帯している保険の内容はこちらです。


海外旅行保険の補償対象 特徴
保険期間 90日
適用条件 自動付帯
キャッシュレス診療 可能
傷害死亡/後遺障害 2,000万
傷害治療費用 200万
疾病治療費用 200万
賠償責任 2,000万
携行品損害 20万
救援者費用 200万


横浜インビテーションカードの海外旅行保険の特筆すべき点はこちらです。


補償のここが凄い 疾病治療費200万,傷害治療費200万と高額の保障
・自動付帯
・キャッシュレス診療が可能



重要な保証項目について簡単に説明いたします。


海外旅行保険で最も重要な補償が疾病治療費と傷害治療費(いわゆる病気・怪我)です。


一般クレジットカードの中では優れた補償内容が横浜インビテーションカードに付帯されています。


海外旅行保険の補償が付いているクレジットカードの場合、こちらの2点のサービスが保証されているかを確認してください。


保証されていない、または保証額が小さいカードもありますので注意が必要です。


自動付帯とは、カードを持っているだけで補償内容が適用されるサービスのことです。


自動付帯ではないカードは、海外旅行保険が付いているカードで旅行代金を支払った場合などに適用されますので、支払っていないといざという時に補償されなくなります。


キャッシュレス診療とは、現地で治療を受ける際にその場で金銭を支払う必要がないというサービスです。


ちなみにキャッシュレス診療ではない場合は、現地で一旦全て自費で清算し、帰国後に診断書や領収書を保険会社に提出してお金が戻ってくるという仕組みになります。


キャッシュレスですとこれらのステップが必要なくなりますので非常に便利です。
※ただし、保険の補償金額でカバーできないほど高額の治療費の場合を除く。


さらに、横浜インビテーションカードには国内旅行保険も付帯しています。


ただし、こちらは利用付帯となっています。


利用する宿泊施設や交通費、ツアー代金を横浜インビテーションカードで支払った時だけ利用できます。


付帯している保険の内容はこちらです。


国内旅行保険の補償対象 特徴
適用条件 利用付帯
死亡 1,000万
後遺障害 30万~1,000万
通院1日あたり 3,000円
入院1日あたり 5,000円
手術(1回のみ保証) 5万、10万、20万


まさに、保証サービスに特化した素晴らしい内容のクレジットカードです。


海外旅行保険について詳しく知りたい方のために、こちらで詳しく記事にまとめてありますので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



ETCカードが無料


年会費がかからずETCカードが発行できます。


年会費無料のETCカードはなかなかないので貴重なカードです。



Apple Payに対応


横浜インビテーションカードはApple Payに正式に対応しています。


Apple Payで支払いたい場合は、QUICPayの加盟店で「QUICPayで支払います」と言ってiPhoneをかざして下さい。


Apple Payで支払いますと言っても通じませんので注意が必要です。


Apple Payについて詳しく知りたい方のために、こちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい



海外、国内旅行保険が充実したクレジットカードですが、デメリットもありますので記載いたします。



還元率が0.5%と低くメインカードとしての利用には向いていない


年会費無料で還元率1%のクレジットカードが他にありますので、横浜インビテーションカードはメインカードとして利用しポイントを貯めるには向かないカードと言えます。


メインカードとしておすすめのカードは、還元率が高くポイントの使い道が豊富で、家計に貢献したりお得に買い物ができるカードです。



ポイントの使い勝手があまり良くない


カードを利用するとたまるポイントですが、利用するハードルが高いです。


1000ラブリーポイントから利用できますが、単純に考えますと20万円利用してたまるポイントです。


メインカードとしては還元率が低いことから、サブカードとしての利用がおすすめです。


そのため、交換までポイントをためるのが難しいと言えます。


有効期限の関係で、そこまでたまる前に失効させてしまう可能性が高く、また交換するために必要以上に利用することはおすすめしません。


ポイントの失効は気にしない方がよいと思います。



横浜インビテーションカードに向いている方


横浜インビテーションカードは、主に次のような方に向いているカードです。


横浜インビテーションカードに向いている方 ・海外旅行に行く方
・海外旅行保険だけでなく、国内旅行の保険も欲しい方



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


横浜インビテーションカードは、海外旅行保険が充実しているだけでなく、国内旅行保険まで付帯している素晴らしいサービスのカードです。


還元率が0.5%のため普段使いのカードとして利用するのは厳しいと思いますが、年会費無料で維持費もかかりませんのでサブカードとして持つのがおすすめです。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。