セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

電子マネー6種類の特徴とメリットデメリットを解説! キャッシュレスが便利

電子マネー6種類の特徴とメリットデメリットを解説! キャッシュレスが便利


今や多くの方が利用している電子マネー。


小銭要らずでタッチするだけで支払いができ、クレジットカードのように暗証番号の入力やサインが不要なため、会計がスムーズで非常に便利です。


電子マネーは、さまざまな種類がありますが、大きく分けるとプリペイド型(先払い型)とポストペイ型(後払い型)の二種類が存在します。


この記事では、その中でも使い勝手の良いおすすめ6種類の電子マネーについてご紹介致します。


お急ぎの方向けに、電子マネー6選の特徴およびメリットをまとめましたので、こちらだけ確認しても大丈夫です。


   
電子マネー 特徴
Suica 交通系icカードの代表的存在。
唯一電車の改札を通過できる電子マネー。
利用できる店舗の多さも魅力。モバイルSuicaでの利用がおすすめ
QUICPay(クイックペイ) ポストペイ方(後払い)なのでチャージ不要。利用できる店舗も多い。
Apple Payなどモバイルでの利用がおすすめ。
iD(アイディー) ポストペイ方(後払い)なのでチャージ不要。利用できる店舗も多い。
こちらもモバイルでの利用がおすすめ。
楽天Edy 使えるお店が多いのが魅力。
プリペイド型だがオートチャージに幅広く対応しているため残高を気にせず使えて便利。
iphoneに対応していないのが残念。
WAON イオンでお買い物をする方には便利でお得。
イオン以外でも利用できる店舗があるがあまりおすすめできない。
nanaco 唯一公共料金の支払いに利用できるのが大きなメリット
セブン、イトーヨーカードーなどで買い物がお得になる。
どなたでも持つべき電子マネーとしておすすめ。



この記事ではそれぞれの電子マネーについてご紹介致します。



Suica(スイカ)とは?


SuicaはJR東日本が提供する電子マネーです。


交通系icカード(電子マネー)の代表的な存在です。


交通系と説明しているのは、JR各社で発行している電子マネーが異なるためです。


JR西日本ではICOCA(イコカ)、JR九州ではSUGOKA(スゴカ)という名称です。


電子マネーSuicaの特徴についてご紹介致します。


Suicaはタッチするだけで改札を通過できる


Suicaメリットのひとつとして、IC乗車券を兼ねた電子マネーですので、ピッとワンタッチで改札口を通過できます


改札を通過できる電子マネーはSuicaだけです。


また、JR以外の地下鉄やバスにもSuicaを利用して乗ることができます。
(地方のローカルバスや、関東・東北の一部のJR・私鉄はSuicaに対応していないこともありますので、乗車前に確認が必要です)


他の電子マネーは決済することはできますが、いずれも改札は通過できません
(切符を買う事は可能ですが、タッチのみという利便性はありません)


SuicaはおサイフケータイとしてApple Payで使える!


Suicaは、おサイフケータイが利用できるスマートフォン、Apple Payが利用できるiPhoneで買い物も電車も利用できます。


Suicaは、磁気カードとして発行している方も多いと思いますが、おすすめはモバイルSuicaとしての利用です。


※モバイルSuicaの場合、磁気カード発行時にかかるデポジット500円は必要ありません


しかし、モバイルSuicaのデメリットとして、利用するには年会費1,030円かかります。


ですが、年会費が掛からず利用できる方法があります


iphoneユーザーです。


iphoneに搭載されるモバイルSuicaは、当面の間年会費無料で利用できます。


ただし、利用できるのは、おサイフケータイに対応しているiphone7以降のモデルです。


iphone以外では、VIEWマークの付いたクレジットカードは年会費無料ですが、それ以外のクレジットカードで登録すると年会費1,030円かかります。


VIEWカードで登録すればいいと思うかも知れませんが、VIEWカードで年会費がかからないクレジットカードはありません。
(年1回利用すれば無料になるビックカメラSuicaカードはありますが)


いずれにしても無料でというのは現状難しい状況です。


※少し手間が掛かりますが、おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンユーザーでGoogle PayアプリからSuicaを利用する場合には、年会費は発生せずに利用することはできます。


※2019年3月確認
JR東日本は「モバイルSuica」について、2020年2月26日以降、年会費を全面的に無料とすると発表がありました。


改札がスムーズになる以外のメリットは?


モバイルSuicaに登録して利用すると、極端に言いますとスマホだけ持って外出すれば、ある程度対応できるようになります。


事前にチャージしておくだけで、Suica提携店なら飲食や買い物の支払いや交通機関で困ることがなくなります。


大きなメリットは、モバイルSuicaではアプリから定期券が購入・更新できることです。


もう定期券を購入するときに長時間窓口に並ぶ必要はなく、自宅やカフェなど好きなときにゆっくりと購入できます。



モバイルSuicaについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



QUICPay(クイックペイ)とは?


QUICPay(クイックペイ)は、ポストペイ型(後払い型)の電子マネーで、Apple Payなどおサイフケータイで非常に便利に利用できます。


チャージ不要の電子マネーで、利用の際はクレジットカードと紐付けをして使います。


イメージとしては、暗証番号やサインなどが不要のクレジットカードのようなものです。


もちろん利用金額に応じて紐付いているクレジットカードのポイントが貯まります


QUICPay(クイックペイ)は、JCB系列の電子マネーですので、国際ブランドがJCBのカードやJCBと提携しているアメックス(アメリカン・エキスプレス)のカードと紐付けして利用することとなります。


QUICPay(クイックペイ)は、一回の支払いの上限が2万円までとなっている点に注意が必要です。


しかし、利用できる電子マネーのマーク一覧を見て頂き、そこで"Q+"と"+"のマーク(クイックぺイプラス)が付いている店舗の場合は制限はありません。


Suicaや楽天Edyとの違いは支払い方法にあります。


Suicaなどのプリペイド型は、利用前に電子マネーにチャージが必要でチャージした金額の中から利用するのですが、QUICPayは後払いが基本のため事前にチャージする必要がありません


チャージが必要ないため、買い物前に残高を確認しなくてもよく、使い勝手は非常にいいです。



iD(アイディ)とは?


iD(アイディ)は、ポストペイ型(後払い型)の電子マネーで、おサイフケータイで利用しやすくなっています。


基本的な内容は、QUICPayとほとんど変わりません。


iD対応のクレジットカード発行会社はNTTドコモ(dカード)や三井住友カードなどあります。


iDは三井住友系列に属するクレジットカードで利用できます。


QUICPayとの違いは、所属しているグループが違う(JCB系列か三井住友系列か)ということと覚えて頂ければと思います。


また、月額三万円まで使えるプリペイド型のiDカードも用意されています。



楽天Edyとは?


楽天Edy(ラクテンエディ)は、加盟店が多く利用範囲が広いプリペイド型の電子マネーです。


Suicaと同じタイプの電子マネーで、事前にチャージして使います。


楽天Edyのメリットは、クレジットカードからチャージする際にポイントが付くだけでなく、楽天Edyを利用した際にもポイントが付き、ポイントの二重取りができてお得な電子マネーです。


さらにインターネットでも使えるという利便性もあることから、使い勝手が良いです。


楽天Edyは全国各地で使える最も一般的な電子マネー


楽天Edyは日本全国のコンビニエンスストア、ドラッグストア、ファストフード店などで利用が可能です。


また、楽天カードを発行すればもれなく付いてきます。


知名度としては、電車などの交通系で利用者が多いSuicaの方が有名ですが、SuicaはJR東日本内で強いのですが、全国区では楽天Edyが電子マネーとしては使い勝手が良いです。



WAONとは?


WAON(ワオン)は、イオンが提供するプリペイド型の電子マネーです。


Suica・楽天Edyと同様、事前にチャージが必要なタイプの電子マネーです。


WAONのメリットは、イオングループで買い物が多い方には便利でお得です。


イオンカードで電子マネーWAONにチャージすると、クレジットカードのポイントが貰えて、そのチャージしたWAONで買い物をするとさらにポイントがもらえますので、ポイントの二重取りができます。


しかも、イオンでは頻繁にポイントアップイベント(5倍DAY,10倍DAY)を開催しているので、イオングループで利用するとポイントをどんどん貯めることができます。


WAONはイオン利用者にはお得な電子マネー!還元率1.5%


WAON利用で一番還元率が高いのは、WAON一体型のイオンカードでチャージして使う場合が最もお得です。
基本還元率が1.5%になります。


イオン利用者は、イオンカードとWAONをお得に使い倒しましょう。


逆に言いますと、イオン利用をあまりしない方はお得が少ないため、WAONは選択肢に入らない電子マネーです。



nanacoとは?


nanacoは、セブンイレブンやイトーヨーカドーが提供する電子マネーです。


機能としては、事前チャージが必要なタイプの電子マネーで、Suica・楽天Edy・WAONとほぼ同じです。


nanacoをおすすめする理由があります。


それはセブンイレブンで税金等の支払いが可能である唯一の電子マネーだからです。


nanacoは税金が払える電子マネー!クレジットカードチャージでお得!


クレジットカードや電子マネーの中で、税金や公共料金の支払いができるのはnanacoだけです。


この税金等の支払いに唯一使えるというのがnanacoを利用する最大のメリットと言えます。


通常、nanacoで税金等を支払ってもポイントはもらえません。


もちろん通常の商品を買う場合はポイントが付きます。


しかし、nanacoにチャージできるクレジットカードの中に、チャージしてポイントが貰えるクレジットカードが一部存在します。


そのクレジットカードでチャージした分がポイントとして獲得できてお得になります。


税金は高額な金額になることも多く、チャージでポイントが貯められるとかなりお得になります。


nanacoの電子マネーとしての税金以外のメリットは?


イトーヨーカドーやセブンイレブンでよく買い物する人なら、チャージのポイントと合わせてnanacoポイントが二重取りできてお得です。


さらに、貯まったポイントは1ポイントから利用(nanacoポイントに変換)できるため、ポイントの失効などのリスクがないというメリットもあります。


nanacoについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


数ある電子マネーの中でもおすすめ6選について特徴・メリット・違いについて記事にいたしました。


電子マネーの中から皆様のライフスタイルにあった中で、利用価値が高いものを選んで便利にお得に使い倒すことが可能です。


まだ持っていない方や、利用してみたい電子マネーを見つけてください。


この記事が、読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。