セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

iphoneでモバイルSuicaの登録方法から使い方まで解説 本当に便利

iphoneでモバイルSuicaの登録方法から使い方まで解説 本当に便利


iphoneをかざして駅の改札を通過したり、お店で買い物をしている方を見かけることはありませんか?


iphone7以降の機種では、Apple payというサービスがあるのですが、そのApple payにSuicaを登録することでモバイルSuicaとして利用することができます。


モバイルSuicaでは、Apple Payに登録することで、iphoneをかざして改札を通過するだけでなく、買い物もできて、何より定期券がアプリから購入できるので、もう定期券を購入するのに窓口に長時間ならばなくてよくなります。


モバイルSuicaについては、こちらに記事をまとめて解説していますので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



この記事では、iphoneでモバイルSuicaを利用するために必要な登録方法から使い方まで解説いたします。



モバイルSuicaの対応機種は?


iphone全てでモバイルSuicaを利用できるわけではありません。


iphoneでモバイルSuicaを利用するためには、Apple payの機能が利用できるiphone7以降の端末が必要となります。


残念ですが、iphone6以前の端末では利用できません。



事前準備


モバイルSuicaの登録に必要なものを準備します。


登録時に必要なもの

・メールアドレス(iphoneで利用しているアドレスが望ましい)

・Suica用のパスワード

・既に磁気カードのSuicaを発行している方は磁気カード

・紐付けたいクレジットカード



メールアドレスは、すぐに確認できるアドレスを登録することをおすすめいたします。


また、Suica用にパスワードの設定が必要となりますので、事前に用意しておくと後の手順で楽になります。


お手元にデポジットを支払った無記名のSuica磁気カードまたはSuica付き定期券の磁気カードを持っている方は、新規にモバイルSuicaを発行する必要はありません。


磁気カードをiphoneへと取り込み作業を行いますので、手元に用意をしておきます。


そして、モバイルSuicaにチャージするためのクレジットカードもご用意下さい。


まずは、モバイルSuicaの登録、設定方法までを解説致します。



Suicaアプリのダウンロード


iphone7以降の端末を準備できましたら、最初にやることはApp StoreからSuicaアプリをダウンロードします。


検索をタップして、"Suica"と入力するとSuicaアプリが出てきますのでインストールします。



モバイルSuicaの発行・登録


モバイルSuicaの発行前に、もしお手元にデポジットを支払ったSuica磁気カードまたはSuica付き定期券の磁気カードを持っている方は、モバイルSuicaを新規で発行する必要はありません。


お手元のSuicaをiphoneに取り込むことでモバイルSuicaとして利用できます。


Suica付きクレジットカードの方、Suicaを持っていない方は、モバイル用のSuicaを発行します。


最初に、Suica磁気カードまたはSuica付き定期券の磁気カードを持っている方の登録方法を手順として解説致します。

Suica磁気カードの登録方法


登録手順はこちらになります。


Suica磁気カードの登録方法 1. インストールしたSuicaアプリをタップして起動
2. 立ち上がったら、「Suica発行」を選択
3. 画面の下の方にある「Suicaカードの取り込み」をタップ
4. Apple payの説明が表示されるので、次へをタップ
5. カードの種類で「Suica」をタップ
6. 磁気カードの固有番号を入力するので、裏面にある番号を入力
7. 磁気カードを作成したときの生年月日を入力(無記名式の磁気カードの場合省略可能)
8. 利用規約に同意
9. Suicaを画面に表示されている通りに置いて情報を転送させます
  ※転送が完了するまでは、ずらしたりしないようにしてください。
10. カードの追加が表示されたら、「次へ」をタップ
11. 自動でエクスプレスカード(※後述します)に登録されるので「完了」をタップ
12. アクティベートが実行されるので完了まで待つ
13. 完了すると残高などが表示(※後述します)されるので登録はこれで完了



11の手順にあるエクスプレスカードとは、改札機を素早く通過するために利用できる特別な設定です。


エクスプレスカードに設定しないと、改札を通過する前にWalletを立ち上げて指紋認証をその都度行う必要があり、とても不便です。


モバイルSuicaのメリットを潰してしますので、特別な事情がなければエクスプレスカードの設定は、そのままの方がよいです。


通常Suicaの磁気カードを発行するとデポジットとして500円を支払う必要があります。


13の手順の時に、完了した時に表示されるモバイルSuicaの電子マネー残高に、その500円がこの時に返金され残高に加算されます。


残金の表示の際に説明も何も出ませんが、きちんと返金されています。


また、登録が完了するとお手元のSuicaは利用できなくなりますので、はさみを入れて処分しましょう。


ここまでが、Suica磁気カードまたはSuica付き定期券の磁気カードを持っている方の登録方法です。


次に、新規でモバイルSuicaを発行する手順を解説します。



モバイルSuicaを新規で発行する方法


モバイルSuica新規発行方法 1. インストールしたSuicaアプリをタップして起動
2. 立ち上がったら、「Suica発行」を選択
3. 画面の下の方にある「My Suica(記名式)」または「Suica 定期券」をタップ
  ※JR東日本の定期券を利用している方は、「Suica 定期券」がおすすめです
4. 会員登録をタップ
5. 規約に「同意する」をタップ
6. 必要事項を全て入力する
7. クレジットカード情報を入力するか聞かれますが、あとで登録しても大丈夫です
  ※チャージも後回しで大丈夫です
8. カード追加中と表示されるので、しばらく待つ
9. My SuicaがApple Payで利用できるようになりましたと表示される
  ※これでApple PayでSuicaが利用できるようになります
10. エクスプレスカードの設定をします
11. Suicaアプリをタップ
12. 残高などが表示されるので登録はこれで完了


3の手順の時に、「My Suica(無記名)」も選択できますが、万一の際にチャージ残高が補償されず、選択するメリットがありません。


特別な理由が無い限り、「My Suica(記名式)」または「Suica 定期券」を選ぶことをおすすめします。


ここまでが、Suicaを持っていない、またはSuicaを取り込めないカードの方向けの登録方法です。



モバイルSuicaのオートチャージの設定方法


View CardやJRE CARDなどを持っている方はオートチャージが便利です。


Suicaは事前チャージ型の電子マネーですので、通常利用する前にチャージが必要です。


オートチャージは、その事前の一手間を省き、残高が一定額を下回った場合に自動でチャージする仕組みです。


残高を気にせずに利用できますので、とても使い勝手が良くなります。


オートチャージ設定方法 1. インストールしたSuicaアプリをタップして起動
2. 立ち上がったら、画面下の「チケット購入、Suica管理」を選択
3. 画面の下の方にある「オートチャージ設定」をタップ
4. オートチャージ設定をタップ
5. クレジット情報登録へをタップ
6. 登録するクレジットカードの情報を入力する
7. オートチャージの金額を選択する


以上でオートチャージの設定・登録は完了です。



モバイルSuicaのクレジットカードの登録方法


View CardやJRE CARD以外のクレジットカードも登録できます。


ただし、全てのクレジットカードが対応しているわけではありませんので注意して下さい。


ここで、モバイルSuicaに紐付けたいクレジットカードを登録します。


おすすめは、Suicaチャージでポイントがもらえるクレジットカードです。


例えば、おすすめのひとつがYahoo Japanカードで、還元率が高く使い勝手の良いクレジットカードです。


反対に、楽天カードは還元率も高く使い勝手の良いクレジットカードですが、Suicaにいくらチャージしても1ポイントももらえませんのでおすすめできません。


登録する前に、Suicaチャージでポイントがもらえるクレジットカードかを、カード会社のホームページなどで確認することをおすすめします。


クレジットカードの登録方法 1. インストールしたSuicaアプリをタップして起動
2. 立ち上がったら、画面下の「クレジットカード情報登録入力」を選択
3. 登録するクレジットカードの情報を入力する


手順は簡単で、これだけです。


ちなみに、登録するクレジットカードのおすすめは、ページ最初の方でご紹介した「モバイルSuicaについて解説した記事」にてご紹介していますので、良かったら記事を読んで頂けますと嬉しいです。



ここまで登録お疲れ様でした。


以上で、モバイルSuicaの登録と必要な設定は完了しました。


続いて、モバイルSuicaの使い方について解説致します。



モバイルSuicaへのチャージ


モバイルSuicaを利用するためには、事前にチャージしておく必要があります。

※オートチャージ対応のクレジットカードで登録した方は、この項目は読み飛ばして頂いて構いません。


チャージの方法を解説致します。


モバイルSuicaへのチャージ方法 1. Suicaアプリをタップして起動
2. 入金(チャージ)をタップ
3. 金額変更をタップした後、チャージしたい金額をタップ
4. 画面が最初に戻るので、「Pay」をタップ
5. 指紋認証した指をホームボタンに当てる
6. チャージ残高が反映されれば完了


以上の手順で簡単にチャージできます。


実はもうひとつ、Walletからチャージもできます。


Walletからのチャージ方法 1. Walletをタップ
2. Suicaをタップして表示させる
3. チャージをタップ
4. 固定金額をタップするか、数字を入力しての金額いずれかを入力し、画面右上の「追加する」をタップ
5. 指紋認証した指をホームボタンに当てる
6. チャージ残高が反映されれば完了


Walletからチャージする時との違いは、好きな金額でチャージできる点です。


Suicaアプリからチャージする場合は、最低500円以上で1,000円単位ですが、Walletからは、好きな金額(1円でも)がチャージできます。


どちらでもチャージできますので、お好みでどうぞ。



交通機関での利用方法


モバイルSuicaは、JR東日本だけでなく、JR西日本を始めとした各JR、地下鉄やICカード対応の路線バスでも利用できます。


つまり、iphoneがあればもう券売機で切符を購入しなくてもほとんどの電車とバスで利用できます。


使い方は簡単で、エクスプレスカードの設定をしましたので、改札の読み取りゾーンにかざすだけです。


ここでの注意点は、3つあります。


交通機関での注意点
① 電池の残量
② 降りる前に残高確認
③ 地方ではSuicaが使えない鉄道やバスがある


1つ目の電池の残量ですが、電源が入らなければモバイルSuicaは利用できませんので、スマホの使いすぎに注意して下さい。


2つ目ですが、乗るときはどんなに残高が少なくても通過できますが、降りるときに残高が不足しているとゲートが閉じられてしまうので、残高は足りているか確認しておきましょう。


3つ目ですが、地方ではSuicaそのものが利用できない場合が多々あります


JR東日本でも東北の一部では利用できませんので、当たり前のように利用できると考えず、旅行に行くときなどは利用できない場合もある点に注意してください。


この3点に注意さえしていれば、快適な利用ができますね。



ショッピング等での使い方


Suicaが利用できるお店では、普段の買い物やレストランで食事をしたり喫茶店での会計もスマホをかざしてモバイルSuicaでそのまま支払いができてスムーズです。


利用法方法ですが、交通機関の時と同じように利用できます。


モバイルSuicaは、Apple Payとして利用することになります。


ただし、店舗によってはTouch IDを求められるので、Apple Payでの基本的な使い方の手順をご紹介します。


Apple Payの利用手順 ① お店の人にSuicaで支払いますと伝える
➁ お店の人が決済端末を操作するので、終わるまで待ちます
➂ 決済端末の準備が終わったらホームボタンを二回タップします
④ Touch IDで支払うと表示されるので、指紋登録した指をホームボタンに当ててiphone上部をかざします
  ※複数のカードを登録しているときは、Suicaの画面をタップしてからかざして下さい。
➄ 完了と表示されれば支払いは終わりです


なお、iphoneXユーザーの方は手順③の時にホームボタンではなく、端末右にあるサイドボタンをダブルクリックしてください。


あっという間に支払いは完了します。


Apple Payを利用する場合、Suicaだけを登録するということはあまりないと思いますので、Apple Payの仕組みも知っておくとよりスムーズに利用できると思います。



Apple Payの仕組みについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい



利用履歴が確認できる


モバイルSuicaを利用すると、いつどこからどの駅にいくら利用したか、お店でいくら支払ったかを履歴として確認することができます。


お金の管理も簡単に確認できる点も、モバイルSuicaの便利な機能ですね。



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


モバイルSuicaの登録方法から使い方まで解説いたしました。


スマホに登録することでますます使い勝手がよくなります。


改札を通過でき、買い物にもスマホで便利に利用できるため、キャッシュレスでスマートになります。


手順として記載すると、面倒に感じる方もいるかも知れませんが、登録してみるとそこまで難しいことはありませんので、興味が湧いた方は手続きしてみてください。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。