セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

nanacoで高額の税金を支払うには? 10万円以上の支払い方法を解説

nanacoで高額の税金を支払うには? 10万円以上の支払い方法を解説


電子マネーnanacoは、税金などの公共料金の支払いが可能なため、利用している方も多いと思います。


nanacoチャージでポイントがもらえるクレジットカードを利用することでお得になることから、やりくり上手な方には欠かせない電子マネーです。


税金の支払いをされる方の中には、何十万円、何百万円と高額な金額な方も多いと思います。


この記事では、nanacoを利用して税金等の公共料金の支払いで、10万円以上の金額の支払い方法を解説いたします。


なぜ10万円以上なのかということも含め、順を追って説明致します。



nanacoチャージの上限額は?


nanacoにチャージして利用できる最大の金額は5万円です。


利用する場合、最大金額である5万円が一回の支払いで利用できる最大金額になります。



5万円以上の金額の場合はどうすればよいのか?


nanacoチャージの上限は5万円までですが、さらに5万円分を利用することは可能です。


nanacoで5万円以上利用するためには、センター預かり金額としてストックして置くことです。


つまり、センター預かり分と併せて10万円まで利用できます。



10万円分のストック手順


手間は掛かりますが、nanacoに10万円分をストックする手順をご紹介します。



10万円分のストック手順 1. nanacoのWEBサイトにログイン
2. クレジットチャージを選択し、3万円をチャージする
  ※クレジットチャージできる1回の最大金額は3万円
3. 続けて、クレジットチャージを選択し、2万円をチャージする
4. 近くのセブンイレブンに行って残高確認をする
5. 5万円がnanacoにチャージされたことを確認
6. nanacoのWEBサイトから、クレジットチャージを選択し、3万円をチャージする
  ※この3万円がセンター預かり金額になります
7. 24時間経過するのを待つ
  ※nanacoは1日3回までしかチャージできません
8. クレジットチャージを選択し、2万円をチャージする



少し手間がかかりますが、これで10万円分のストックが完了しました。



10万円以下の支払方法


10万円分のストックが完了しているnanacoを用意します。


いよいよですが、5万円以上10万円以下の金額の支払い方法を説明致します。



10万円以下の支払手順 1. セブンイレブンのレジでnanacoで支払いますと伝える
2. nanacoをタッチし精算すると、金額が足りませんと店員さんに言われます。
3. 続けて、店員さんにnanacoの残高確認を依頼します。
4. 残高確認すると、センター預かり分の5万円がチャージされます。
5. もう一度nanacoをタッチすれば支払い完了です。


このように、10万円までの支払いであれば問題なく支払いができます。


ただし、操作に不慣れだったり、仕組みを理解していない店員さんもいますので、お昼時など混んでいる時間帯は避けた方が無難です。


この支払い方法は、結構な時間レジを占有してしまいますので、他のお客さんに迷惑にならないように、できる限り人が混んでいない時間帯(夜間・深夜)で行うことをおすすめします。



10万円以上を支払うには?


例えば、20万円の税金の納付書の場合はどうするかです。


この場合、もう1枚のnanacoを発行して支払う方が無難です。


手順は、10万円以下の時と基本的な流れはほぼ同じですが、クレジットカードの紐付けを変える必要があります。


20万円分のストック手順 1. 1枚目のnanacoのWEBサイトにログイン
2. クレジットチャージを選択し、3万円をチャージする
  ※クレジットチャージできる1回の最大金額は3万円
3. 続けて、クレジットチャージを選択し、2万円をチャージする
4. 近くのセブンイレブンに行って残高確認をする
5. 5万円がnanacoにチャージされたことを確認
6. nanacoのWEBサイトから、クレジットチャージを選択し、3万円をチャージする
  ※この3万円がセンター預かり金額になります
7. 24時間経過するのを待つ
  ※nanacoは1日3回までしかチャージできません
8. クレジットチャージを選択し、2万円をチャージする
9. クレジットチャージの画面にある「解約するをご希望の方」をクリックする。
10. クレジットカードを解約する。
11. 2枚目のnanacoのWEBサイトにログイン
12. 2枚目のnanacoにクレジットカードを登録する。
13. 24時間経過するのを待つ
  ※登録からチャージできるまで24時間かかります
14. 2~8までの手順を実施する


これで、2枚のnanacoに20万円分のストックが完了しました。


10万円以上を支払うには?


例えば、20万円分を支払う場合の手順はこちらです。


20万円以下の支払手順 1. セブンイレブンのレジでnanacoで支払いますと伝える
2. 1枚目のnanacoをタッチし精算すると、金額が足りませんと店員さんに言われます。
3. 続けて、店員さんにnanacoの残高確認を依頼します。
4. 残高確認すると、センター預かり分の5万円がチャージされます。
5. もう一度nanacoをタッチします。
5. 2枚目のnanacoをタッチすると、金額が足りませんと店員さんに言われます。
6. 続けて、店員さんに2枚目のnanacoの残高確認を依頼します。
7. 残高確認すると、センター預かり分の5万円がチャージされます。
8. もう一度2枚目のnanacoをタッチして完了です。


かなり手間に感じるかも知れませんが、手間をかけてでも行う価値があります。


還元率1%のクレジットカードで、20万円分チャージした場合、2,000ポイントがもらえます。


つまり、2,000円分お得になりますので、1コイン(500円)のランチなら4日分のランチ代になります。


節約の観点から考えますと、現金で20万円分を支払っても1ポイントにもなりませんので、手間をかけてでも実施すべきことがお分かり頂けると思います。



いくらまで支払えるのか?


この調子で、nanacoを5枚持てば50万円、10枚持てば100万円支払えると思いませんでしたか?


ところが、nanacoで支払うことのできる上限が決まっていて、25万円までです。


そのため、25万円を超えた支払いの場合は、数ヶ月分に納付期限と金額を分割して貰うように役所にお願いしに行く必要があります。


あくまでお願いですので、実際に分割して貰えるかは役所次第です。


そもそもコンビニ収納自体が、1ヶ月の上限が30万円までと決まっています。



高額な支払いの場合のnanacoの活用方法


1ヶ月25万円まで支払うことができると説明致しました。


ここで、25万円の支払い方法で、いくつか選択肢ができます。


25万円の支払い方法 1、1枚のnanacoで支払う
2、3枚のnanacoで支払う
3、5枚のnanacoで支払う



1枚のnanacoで支払う


1枚のnanacoで25万円を支払うことはできますが、税金などの納付書を10万円、10万円、5万円などのように、役所に行って3枚に分割してもらうことが必要です。
※10万円を超えてしまっては、1枚のnanacoで支払えませんので注意して下さい。


10万円分のストック手順を参考に実施します。


次に説明した、10万円以下の支払手順を実施します。


また、10万円分のストック手順を参考に実施します。


次に説明した、10万円以下の支払手順を実施します。


また、5万円分クレジットチャージします。


5万円分支払います。


ご覧のとおり、役所に行ったり、最低3回コンビニに行ったりしますので、はっきり言って、物凄く膨大な手間と時間が掛かりますので、あまりおすすめはしません。



3枚のnanacoで支払う


25万円分以上チャージしたnanacoを3枚用意します。


nanaco3枚のチャージ手順 1. 1枚目のnanacoに、10万円分のストック手順を実施します。
2. 1枚目のnanacoから、クレジットカードの紐付けを解除します。
3. 24時間経ったら、2枚目のnanacoにクレジットカードを紐付けします。
4. 2枚目のnanacoに、10万円分のストック手順を実施します。
5. 2枚目のnanacoから、クレジットカードの紐付けを解除します。
6. 24時間経ったら、3枚目のnanacoにクレジットカードを紐付けします。
7. 3枚目のnanacoに、5万円分のチャージします。


準備ができましたら、コンビニに行きます。


レジで2回残高確認してもらう必要があることと、レジでの占有時間が物凄く掛かりますが、1回で終わります。



5枚のnanacoで支払う


こちらはスムーズに支払うことができる方法です。


先ほどのnanaco3枚のチャージ手順の時に、10万円分ストックするのではなく、5万円チャージしたら次のnanacoにクレジットカードを紐付けて、5枚チャージを繰り返すだけです。


2回のチャージで5万円分チャージできますので、4回で10万円チャージするときのように24時間待つ必要がなくなります。


準備ができましたら、コンビニに行きます。


レジで支払うときに、5枚のnanacoを順番にかざすだけです。


残高確認は必要なく、スムーズに支払いができます。



違いは何か?


nanacoの枚数の違いで、手間暇がかなり違います。


5枚用意した方が楽なのですが、ここで問題なのが、nanacoは発行手数料が300円かかることです。


5枚のnanacoを発行すると、1,500円も初期費用でかかってしまいます。


1,500円ですと、還元率1%のクレジットカードで、15万円分の買い物をした場合に該当します。


そのため、手間暇がかかってもいいので1枚で支払い方、少しでも手間暇を掛けたくない方は5枚活用するなど、ご自身のスタイルにあった方法を見つけて頂ければと思います。


複数枚のnanacoを持つにあたり、手数料無料のキャンペーンの時や、イトーヨーカドーのハッピーデー(8のつく日)に発行することで、手数料を節約できますのでおすすめです。



nanacoチャージにおすすめのカードは?



nanacoチャージでポイントがもらえるおすすめのクレジットカードはこちらの3つです。


■ おすすめ3選 ■
・リクルートカード
・Yahoo! JAPANカード
・セブンカード・プラス



   
クレジットカード 還元率 たまるポイント 条件等 その他
リクルートカード 1.2% リクルートポイント 1ヶ月のチャージ上限が3万円 Pontaポイントに交換できる
Yahoo! JAPANカード 0.5% Tポイント なし Tポイントの使い道が多い
セブンカード・プラス 0.5% nanacoポイント なし 唯一オートチャージができる



それぞれ簡単にご紹介いたします。


リクルートカード


還元率を重視したい方には、こちらのリクルートカードがおすすめです。


1.2%と高還元率のクレジットカードです。


もらえるリクルートポイントは、共通ポイントであるPontaポイントに簡単に交換できますので、ポイントの使い道がグッと広がるのも魅力です。


ただし、nanacoチャージには1ヶ月で3万円までという縛りがある点に注意が必要です。


そのため、固定資産税や国民健康保険税などの支払いで何十万円と納付する予定がある場合には、支払いを見越して計画的にチャージしておくと良いかと思います。


その他、リクルートカードの魅力について詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい




Yahoo! JAPANカード


ポイントの使い道を重視したい方におすすめなのが、Yahoo! JAPANカードです。


Yahoo! JAPANカードでもらえるポイントはTポイントですので、使い道が充実していて使い勝手が非常に良いです。


Yahoo! JAPANカードを利用した場合の還元率は通常1%ですが、nanacoチャージの場合は0.5%とリクルートカードと比べると少なくなっていますが、それでも一般的なクレジットカードと同じ還元率です。


その他、Yahoo! JAPANカードの魅力について詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい




セブンカード・プラス


nanacoを便利に利用したいという方におすすめなのが、セブンカード・プラスです。


nanacoを利用するためには、一手間ですが事前のチャージが必要となります。


その一手間をも省略できるのがオートチャージです。


オートチャージは、ある一定の金額を下回った場合に、クレジットカードから自動でチャージされるため、会計の時に、残金が残っているか事前に確認する必要が無く、残金が足りない場合は自動でチャージされるので使い勝手が非常に良くなります。


nanacoのオートチャージができるのが、セブンカード・プラスです。


ネットからログインして、クレジットチャージを行うのが少し手間だという方にはおすすめです。


もちろん、オートチャージした金額分のポイントはもらえます。


その他、セブンカード・プラスの魅力について詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


nanacoで10万円以上の税金等の公共料金の支払方法について解説いたしました。


上手に利用することで、ポイントがもらえる分お得になります。


やることも多く、時間もかかり面倒に思う方もいるかと思いますが、税金等が高額になる方には手間と時間をかけてでも利用するメリットがあります。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。