セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

格安SIMにMNPで乗り換える流れとは? 準備からスムーズに行う手順のまとめ

格安SIMにMNPで乗り換える流れとは? 準備からスムーズに行う手順のまとめ


格安SIMにMNPで乗り換える流れとは? 準備からスムーズに行う手順のまとめ



格安SIMに乗り換えたいと思った時、何を準備してどのようにすれば良いかわからない方もいるのではないでしょうか。


私は初めて乗り換えるとき、あちこちを調べながら乗換えを行いましたが、中々スムーズには行きませんでした。


この記事では格安SIMへMNPで乗換える時の流れをまとめましたので、これから乗換えたいという方の参考になれば嬉しいです。


まず最初に流れをまとめましたので、お急ぎの人はこちらだけでも確認してみてください。


格安SIM 乗り換え手順 ① クレジットカードを持っていない方は発行しておく
② 乗り換え先を決める
③ スマホは購入かそのまま利用するか決める
④ 契約プランを決定する
⑤ 貯まっているキャリアのポイントがあったら全部使い切ってしまう
⑥ 身分証明書の準備
⑦ メールアドレスの取得
⑧ WiFiの準備(iphoneを使いたい方)
⑨ MNP予約番号を取得する
⑩ 乗換え先に利用申込を行う
⑪ 手持ちのスマホのデータのバックアップを行う
⑫ 回線切り替え手続きを行う
⑬ バックアップしたデータを移行する(スマホを購入した方)


私が実際にキャリアから乗り換えた時に行った内容です。


ですが、乗り換えに必要なことをあちこち調べながら行いましたので、効率が悪かったのを今でも覚えています。


その経験から、スムーズに乗り換えできるように並べ替えた順番と内容となっております。


それぞれ解説いたします。



クレジットカードを持っていない方は発行しておく

格安SIMの支払いですが、基本クレジッカードになります。


一部の格安SIMで条件付で引落しに対応しているところもありますが、ほぼ必須だと考えて頂いた方が無難です。


クレジットカードの審査と発行には時間がかかりますので、もし持っていないという方はクレジットカードの発行を先に済ませておくと良いです。


クレジットカードはたくさん種類もあり、どのカードを発行してよいかわからない方や迷っている方向けに、参考までにおすすめするカードについてこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい




乗り換え先を決める

簡単なようで難しいのが乗り換え先選びではないでしょうか。

ちなみに格安SIMの会社いくつあるかご存知でしょうか?

確認したところ、30社以上ありました。
※2019年5月現在

この中から1社選ぶことになりますから、比較するだけでも大変ですね。


決め方は皆様の希望、ライフスタイル、利用方法など様々な要素から自分にぴったりの会社を選択することとなりますが、決めかねている方に参考までに少し記載したいと思います。


通話はあまりせず、インターネットも検索が中心で速度もそこまで求めていないという方は、基本料金が安くキャンペーンなど利用するとお得なところが良いかと思います。


基本料金が安くキャンペーンも豊富
・mineo(マイネオ)
・BIGLOBEモバイル
・楽天モバイル


速度を重視したいという方はこちらがよいかと思います。


通信速度が比較的速い
・UQモバイル
・ワイモバイル



スマホは購入かそのまま利用するか決める

スマホを格安SIMの乗り換え先で購入する予定の方はよいのですが、今使っているスマホをそのまま利用したいという方、別で用意する方は注意が必要です。


事前にすべきことがこちらです。

事前にすべきこと

・乗り換え先で動作保証の対象機種であること

・SIMロックの解除またはSIMフリー版の購入


動作確認は、各会社のホームページに対象機種一覧がありますので、その中に利用したいスマホがあれば大丈夫です。


古すぎたり逆に最近機種過ぎる場合には、一部機能が使えなかったりする場合もありますので、乗り換えた先で利用できないということにならないように注意してください。


SIMロックの解除とは、キャリアでスマホを購入するとそのキャリア以外で利用できないようにロックがかけられています。


そのため、他の通信会社で利用するためには、そのロックを解除しなければなりません。


併せて、この時に乗り換え先で利用するSIMのサイズを確認しておいて下さい。


SIMカードには、nanoSIM、microSIM、通常SIMの3種類あります。


選ぶSIMカードを間違えてしまうと、そもそもスマホに取り付けられず、またSIMカードの変更は有償対応となってしまいます。



契約プランを決定する

プランを決めるのは、今までの利用方法から選んで行くことになりますので、こちらはそれほど難しいことはないかと思います。


プランの選定 ・通話は月にどれくらいするか
・通話無料オプションは必要か
・通信量はどれくらい必要か
・その他必要なオプションはあるか



貯まっているキャリアのポイントがあったら全部使い切ってしまう

キャリアを利用していると、独自のポイントが貰えて利用していると貯まっている方が多いと思います。


独自ポイントって初めて聞く方もいるのではないでしょうか。


私も実は知らなかったですが、確認したところ利用金額に応じて確かにポイントが貯まっていたのです。


そう言われてみると、そういう説明を受けたような記憶が少しよ蘇ってきて、ポイントには有効期限がありましたので、ポイントが消えていても私自身の落ち度でしたので致し方ありません。


獲得したポイントは解約すると消えてしまうだけですので、乗り換える前に全ポイント使い切ってしまいましょう。



身分証明書の準備

基本的にWEBから申し込みますので、身分証明書もアップロードが必要になります。


そのため、運転免許証など写真に撮って、自分のPCにあらかじめ保存しておくと便利です。



メールアドレスの取得

格安SIMの中には、希望するとドメインを持っていてアドレスを貰える会社もありますが、自分でフリーメールを用意する方がおすすめです。


自分で用意することをおすすめする理由は、今後乗り換える際にメールアドレスを変更しなくてもいいというメリットがあります。


格安SIM会社の用意しているメールアドレスを貰っても、他の会社に乗り換えた場合、それまで使っていたメールアドレスは使えなくなるためです。


移行の際に、メールアドレス変更の連絡や必要なメールを移すという作業が必要になりますが、フリーメールであれば、乗り換えても同じアドレスをそのまま利用できますので移行しなくてもよく便利です。


フリーメールの中では、YahooメールかGmailが無料な上に使いやすいです。



WiFiの準備 (iphoneを使いたい方)

少し先の話ではありますが、利用申込をした後の設定の時に、iphoneの場合インターネットへの接続が必要になります。


設定の時にはまだ通信会社の電波は新旧どちらも利用できませんので、代わりの電波が必要になります。


代わりに必要な通信手段の代表がWiFiです。


一番手間が掛からないのは、家に無線ルータがあればそれに繋いで設定をすることです。


無線ルーターが手元に無い場合は、フリーWiFiスポットに行って通信するか、友達にテザリングさせて貰って通信する必要があります。



MNP予約番号を取得する

電話番号を変えずに転出するためには、MNP予約番号が必要となります。


MNP予約番号はショップに行くか電話で取得の手続きをすることになりますが、電話して発行して貰った方が手間が掛からず早いです。


その時に転出を思い留まって貰おうと、「引止めポイント」を提案される場合があります。


引止めポイントとは、独自ポイントをあげますので、転出しない下さいという取引のような感じです。


少し魅力的な内容を提示されるかも知れませんが、それを断ると発行して貰えますので、番号をメモに控えておいて下さい。


こちらのMNP予約番号には少し注意事項がありますのでこちらにまとめます。


MNP予約番号の注意点

・MNP予約番号の有効期限は15日間

・有効期限が切れた場合は無効でMNPキャンセルとなる

・MNPを行うと、手数料が後日請求される



手数料は、必ず発生する金額です。


また、違約金がかかる方は、後日両方とも請求されます。



乗換え先に利用申込を行う

MNP予約番号を貰ったら、早めに乗り換え先に手続きを行う必要があります。


乗り換え先で、手続きにMNP予約期日が12日以上残っている場合など条件がありますので。


利用申込時に、SIMのサイズ、クレジットカード、身分証明が必要になります。



手持ちのスマホのデータのバックアップを行う

利用申込を行うと、必要なSIMや書類が届くのに1週間くらいかかると思いますので、その間にスマホのバックアップを行うと良いです。


スマホを変更しない方でも、万一に備えてバックアップしておく事をおすすめします。



回線切り替え手続きを行う

乗り換えに必要な書類が郵送されてきます。


書類の中にSIMカードと、切り替えから設定までの手順書が同封されていると思いますので、スマホから古いSIMカードを取り出して、新しいSIMカードを挿入したら手順書どおりに手続きを進めれば大丈夫です。


なおiphoneの場合ですが、この設定手続きの時に乗り換え先からAPNプロファイルをダウンロードし、インストールするためにWiFiなど通信手段が必要になります。


開通手続き自体は、そんなに時間がかかりません。

私の時は、20分くらいで切り替えが終わりました。


スマホの電波表示のところが、新しい乗り換え先の名前か通信を借り受けているキャリア名に変わっていれば完了です。



バックアップしたデータを移行する(スマホを購入した方)

スマホを購入した方は、バックアップを取っておいたデータを復元して完了です。


まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。


格安SIMへ乗り換えしたい方が、何をどうすればいいかわからない方のお役に立てるように流れをまとめさせて頂きました。


ご覧頂いたとおりやることはそれなりにあるのですが、スマホの乗り換えは手順さえわかればスムーズに準備できれば難しくないですね。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。