セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

PayPayとは? 便利で使い倒すとお得なスマホ決済アプリのメリット・デメリットを解説

PayPayとは? 便利で使い倒すとお得なスマホ決済アプリのメリット・デメリットを解説


"20%還元"、"100億円あげちゃうキャンペーン"のテレビCMで見て知っている方も多いのではないでしょうか。


PayPay(ペイペイ)は、スマホにアプリをインストールをして、スマホで支払いができる決済アプリです。


PayPayは、電子マネーと異なり専用の端末は必要なく、アプリを使ってQRコードかバーコードで決済するため、誰でも便利に利用することができます。


PayPayは、2019年11月現在還元率が非常に高いキャンペーンを展開しているため、使ってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。


しかし、設定や使い方が難しそう・大変そうと思って、使いたいけど敬遠しているという方がいたらもったいないです。


この記事では、PayPayのメリットとデメリットを解説いたします。


最初にPayPayのメリット・デメリットをまとめましたので、お急ぎの方はこちらだけでもご確認下さい。



PayPayのメリット

・スマホで買い物ができる

・ポイント還元キャンペーンがお得

・支払方法が選べる

・オートチャージができる

・公共料金を支払うことができる

・お金の管理が簡単にできる

・スマホで割り勘や友達に送金や受取りもできる





PayPayのデメリット ・クレジットカード払いは、条件によって支払限度額が異なる
・併用での支払いができない
・バッテリー切れや紛失時は利用できない
・ネットに接続しないと利用できない



それぞれ解説いたします。



スマホで買い物ができる


PayPayに対応しているお店では、スマホがあれば買い物ができます。


小銭は要らず、またおつりで小銭をもらうこともありません。


さらに会計もスムーズに終わりますので、キャッシュレスで便利な買い物が実感できます。


利用する際の留意事項として、支払方法が2種類あります。


PayPay支払い方法 1、レジにあるスキャン用のQRコードで支払う
2、バーコードを表示して、レジでスキャンしてもらって支払う


支払い方法はお店によって異なります


いずれの方法でも、特に難しい操作は必要ありません。


QRコードの場合はスキャンをタップしたあと金額を入力します。


バーコードの場合は支払うをタップして、お店の人にバーコードリーダーをかざしてもらうだけです。



ポイント還元キャンペーンがお得


2019年11月現在、PayPayでは20%還元、100億円あげちゃうキャンペーンは終わりましたが、まちかどキャンペーンで11%還元が行われています。


頻繁にキャンペーンが行われていますが、キャンペーンは最初のうちだけ展開するパターンが多いので今がチャンスです。


今のうちに利用して乗り遅れないように利用していくとお得になります。


今後の展望は予測できることではありませんが、Yahoo! Japanカードの時のように、一定数のユーザーの取り込みが達成されたらポイントのバラマキをやめて、使い勝手の向上やサービスの充実などにシフトしていくかもしれまん。



支払方法が選べる


PayPayでは支払方法が2つあり、ユーザーが好きな方法で支払うことができます。


支払方法

・PayPay残高払い

・クレジットカード払い



PayPay残高払い



PayPay残高払いは、PayPayに事前にチャージして利用する決済方法です。


チャージする方法は、以下の3つがあります。


PayPayチャージ対象

・クレジットカード

・銀行口座

・ソフトバンク、ワイモバイル



クレジットカードチャージが可能なのは、Yahoo! JAPANカードのみです。


Yahoo! JAPANカード以外では、PayPayにチャージができません。


PayPayは、Yahoo! JAPANカードでチャージするとポイントが別にもらえますので、PayPayの利用でもらえるポイントとは別にもらえ、ポイントの二重取りができて大変お得です。


銀行口座を登録すると、指定の口座からPayPayにチャージすることができます。


Yahoo! JAPANカードを持っていない方で、チャージして利用したい場合は銀行口座からチャージすることとなります。


ただし、ソフトバンク・ワイモバイルを利用している方は、キャリア決済ができます。


ソフトバンク・ワイモバイルの支払時に、チャージした金額分がまとめて請求されます。


チャージできる金額には上限がありますので、こちらにまとめましたのでご参照下さい。


   
チャージ 過去24時間 過去30日間
ヤフーカード+認証+青バッジ 25万円 25万円
ヤフーカード+認証 2万円 5万円
銀行口座 50万円 200万円
キャリア決済 - 10万円 ※20歳以上


ヤフーカードでチャージするためには、本人認証サービスを設定することが重要です。


また青いバッジとは、PayPayの優良ユーザーに認定されるともらえるバッジです。


青いバッジがもらえると上限額が跳ね上がり、買い物できる金額が増えることから、よく利用する方は大きくポイントをもらえるチャンスです。


クレジットカード払い



PayPayの支払いで、クレジットカードを紐付けて登録することもできます。


登録できるクレジットカードの条件はこちらです。


登録できるクレジットカードの条件 1、国際ブランドがVISAまたはMaster Card
2、国際ブランドJCBで登録できるのは、Yahoo! JAPANカードのみ


国際ブランドがJCBのカードは、Yahoo! JAPANカードを除き登録できませんので、基本VISAまたはMaster Cardが登録できると覚えておいてください。


支払い上限



クレジットカードに紐付けて利用する場合、次のような上限がありますのでご確認下さい。


   
クレジットカード 過去24時間 過去30日間
カード+認証+青バッジ 25万円 25万円
カード+認証 2万円 5万円
カードのみ(未認証) 5,000円 5,000円


本人認証サービスを設定していなくても利用できますが、月5,000円までと使い勝手が悪いうえにセキュリティ的にも不安があります。


少なくとも本人認証サービスを設定することが重要です。



オートチャージができる


PayPayの支払い方法で、「PayPay残高払い」にしている方が対象です。


登録してある銀行口座か、Yahoo! JAPANカードを登録している場合に限りクレジットカードでオードチャージができます。


オートチャージを設定することで、残高が指定した金額を下回った場合に、指定した金額を自動で補充してくれる仕組みで、 残高を気にすることなくお買い物できますので大変便利です。


特にYahoo! Japanカードを利用してのチャージはポイントももらえるのでおすすめです。


事前に残高の確認やチャージを忘れていると利便性が失われますので、オートチャージは利便性を飛躍的に向上します。



公共料金を支払うことができる


2019年9月から、PayPayで公共料金を支払うことができるようになりました。


公共料金にあるバーコードをスキャンすると、いつでもどこでも支払うことができます。


嬉しいことに、公共料金を支払うと0.5%ですがポイントがもらえます


もう、コンビニなどに行かなくても、家にいながら好きなときに支払うことができます。


対象は、東京電力や東京ガスなどの電気・ガス・水道料金の一部会社と、市民税や固定資産税をはじめとした208の自治体(2019年11月現在)の税金等を支払うのに活用できます。


公共料金をクレジットカードで支払っても通常ポイントはもらえません。(ファミマTカードでファミマで支払うと例外的にもらえます)


電子マネーnanacoのように利用して間接的にポイントを獲得できる電子マネーもありますが、nanacoチャージでポイントがもらえるクレジットカードは少ないのが現状です。


該当する自治体や公共料金を支払っている場合に、積極的にPayPayを利用して支払うとお得になります。



お金の管理が簡単にできる


クレジットカードや一部を除く電子マネーの弱点として、いついくら利用したか確認するためには、サイトにアクセスして確認する必要があることが挙げられます。


しかし、PayPayではアプリの中の取引履歴で、いつどこでいくら利用したか簡単に確認できます。


履歴だけではなく、月ごとにグラフで確認することもできます。


さらに、支払いだけでなく、入金や獲得(予定)ポイントも確認できます。


そのため、収支を視覚化して確認できるため使いすぎの防止や獲得予定のポイントの使い道など事前に考えておくことができます。


すべての店舗でPayPayで支払いができるようになれば、家計簿がいらなくなるかもしれません。


現在のところ家計簿の補助の役割として大変役に立ちます。



スマホで割り勘や友達に送金や受取りもできる


友人や同僚などと食事したり飲みに行ったりした場合に、PayPayを使ってお金の受け渡しができます。


そのため、幹事の方に割り勘分や飲食代を送金することができますので、金額の大小や小銭などを用意しなくても簡単に対応することができます。


また、旅行など一緒に行くときにも、お金を送金してまとめて代表者の方に預けるという利用方法もできます。


銀行口座に振り込むときに手数料がかかったりする場合がありますので、PayPayを使ったやりとりは便利ですね。



ここまで、PayPayのメリットについて解説いたしました。


メリットが多いPayPayですが、デメリットがありますので解説いたします。



クレジットカード払いは、条件によって支払限度額が異なる


PayPayは、紐づけたクレジットカードから支払う決済方法があります。


ですが、セキュリティ対策から支払限度額について、条件によってかなりばらつきがあります。


先ほど、支払い上限で説明したこちらの条件です。


   
クレジットカード 過去24時間 過去30日間
カード+認証+青バッジ 25万円 25万円
カード+認証 2万円 5万円
カードのみ(未認証) 5,000円 5,000円


3Dセキュアを認証していなければ、一月合計5,000円までとなってしまい使い勝手が悪くなってしまいます。


不正利用の観点からも3Dセキュアは必ず登録することをおすすめします。



併用での支払いができない


PayPayで支払う場合、残高が不足している場合にその不足分のみを現金で支払うという利用方法ができません


例えば、1,000円の商品を購入するときに、残高が500円分あって500円はPayPayで、残金500円は現金でとポイントを利用するときのような使い方ができません。


残高が不足している場合は、事前にチャージしておく必要があります。


電子マネーやポイントの使い方としてできることですので、改善してほしいところです。



バッテリー切れや紛失時は利用できない


スマホ決済ですので、スマホの電池が無いときや、紛失したときは利用することができません。


そのため、スマホをよく利用して電池の消耗が激しい方は、充電器を持ち歩くなど何らかの対策が必要です。


また、紛失時も注意が必要です。


財布を落とすことと同じくらい危険ですので、その場合は早めにPayPayの利用停止の手続きをしましょう。



ネットに接続しないと利用できない


ネットが利用できない状況、例えば圏外の場合にも利用できません。


決済には、ネット通信ができる環境が必要ですので、通信ができないと利用することができません。


通常電波が入る場所だったとしても、通信障害など通信会社側のトラブルや作業などで通信できなくなった場合も利用できません。


大規模な災害や障害が発生したときは、数日・数週間などに渡って利用できなくなるかもしれませんので、代替え手段としてフリーWi-Fiが利用できる場所や自分でポケットWi-Fiを持っている方はそちらで通信できるようにしておくとよいかもしれません。



相性の良いクレジットカードはYahoo! JAPANカード


国際ブランドがVISAまたはMASTER CARDであればどんなカードでも登録できますが、おすすめのクレジットカードはYahoo! JAPANカード一択です。


Yahoo! JAPANカードは、唯一クレジットチャージできるカードであり、オートチャージにも対応していることが挙げられます。


PayPayは残高が不足していると利用できませんので事前にチャージしておく一手間がかかりますが、その一手間をも省略できるのがオートチャージです。


オートチャージとは、指定した金額を下回った時に、指定した金額を自動でチャージしてもらえる仕組みです。


指定した金額とは、利用者が決めることが出ます。


例えば、残高が1,000円を下回った時に、5,000円を自動でチャージするように設定することです。


事前に残高を気にする必要もなくなりますので、使い勝手が飛躍的に向上します。


また、チャージするとPayPayを利用するときにもらえるポイントとは別に、Yahoo! JAPANカードでチャージした分のポイントは別にもらえますので、ポイントの二重取りができます。


そのため、PayPayはYahoo! JAPANカードで利用するのが最もおすすめです。



Yahoo! JAPANカードについて



Yahoo! JAPANカードは、還元率は1%と高く、なによりもらえるTポイントの使い道がたくさんありますので、万人におすすめできるカードです。


Tポイントは、ヤフーショッピングやウエルシア薬局、ファミマ、ガストなどたくさんの店舗で利用できるだけでなく、SBI証券で投資信託の購入に利用できたり、ふるさと納税でTポイントが使えたりと、お得な使い道が充実しているポイントです。



その他、Yahoo! JAPANカードの魅力について詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



PayPayがおすすめな方


PayPayは、こちらに該当する方が利用するとお得になります。


PayPayがおすすめな方

・Yahoo! JAPANカードをよく利用している

・ヤフーショッピングやヤフオクをよく利用している

・LOHACOをよく利用している

・ソフトバンク・ワイモバイルを利用している



ヤフーショッピングやヤフオクを利用すると、利用金額やキャンペーンによってPayPayが付与されます。


その際に、イベント"5のつく日"などでPayPayで決済すると5%以上の還元率となってお得に買い物ができます。


また、LOHACOも同様に利用しお得にお買い物ができます。


ソフトバンクやワイモバイルを利用している方は、ヤフーショッピングやヤフオクでの獲得ポイントの優遇もありますのでさらにお得に利用することができます。


ソフトバンクユーザーには、長期継続特典ポイントがPayPayとしてもらえますので、利用登録していないとそのポイントがもらえずに損してしまいます。



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


PayPayは、スマホ決済型のアプリでダウンロードして登録すれば簡単に利用できる手軽さがあります。


2019年11月現在、キャンペーンが展開されていて、還元率が11%と高くなっていてお得に利用するのにまたとない機会です。


Yahoo! JAPANカードやソフトバンクやワイモバイルのキャリア決済が最もおすすめの利用方法で、獲得できるPayPayボーナスやボーナスライトが多くなります。


また、Yahoo! JAPANカードと紐づければオートチャージも可能ですので、使い勝手の良さでも群を抜いています。


2019年9月から公共料金等が支払えるようになったことで、PayPayの使い勝手や利用価値が飛躍的に向上しました。


公共料金等の支払いで0.5%とはいえポイントがもらえるのは大きなメリットです。


今後支払える公共料金会社が増えてくれば、nanacoのようにセブンイレブンに行く手間がかからず、自宅でいつでも支払えることから、益々便利でお得に活用できる貴重な存在ですね。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。