セレンディピティな生活術

生活に役立つお得なことや資産運用、楽しいことまで小さな幸せを願いご紹介していきます

PayPayを利用しない場合は解約して個人情報を削除! 手順と注意事項を解説

PayPayを利用しない場合は解約して個人情報を削除! 手順と注意事項を解説


PayPay(ペイペイ)は、スマホにアプリをインストールをして、スマホで支払いができる決済アプリです。


PayPayは、還元率がアップするキャンペーンを展開しているため、使ってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。


なお、PayPayについては、こちらに記事をまとめて解説していますので是非ご一読ください。


あわせて読みたい



しかし、利用してみた結果ちょっと合わなかった、今後利用しないという方もいるのではないでしょうか。


PayPayには重要な個人情報を登録していますので、利用しないという方は解約(退会)するのが望ましいです。


解約しないと、情報が残ったままになってしまうこと、万一スマホを紛失した時に不正利用されてしまう可能性もあります。


この記事では、PayPayの解約方法と解約時の注意点をやさしく解説いたします。



PayPayの解約までの流れ


PayPayの解約までの流れをまとめるとこちらになります。


PayPayの解約までの流れ 1. PayPayアプリをタップして立ち上げる
2. 画面右下にある「アカウント」をタップして、「その他」をタップ
3. 「アカウントの解約」をタップ
4. アカウントを解約しますか? から「解約手続きに進む」をタップ
5. パスワードを入力
6. 注意事項を確認して、「以上、同意します」をチェック
7. 「同意して解約する」をタップ
8. 登録している携帯番号にSMSの認証コードが送られてくる
9. 認証コードを入力して「認証する」をタップ


お疲れさまでした。


以上の手順で解約は完了です。


解約が完了したら、PayPayアプリを削除してください。



PayPayを明示的に解約する理由


PayPayを解約する理由は、個人情報の削除です。


PayPayには、以下のような個人が登録されており、解約しないとそのまま残ったままとなってしまいます。


アプリを削除しただけではこれらの情報は消えません。


登録されている主な個人情報 ・携帯電話番号
・メールアドレス
・氏名
・パスワード
・クレジットカード情報
・銀行口座情報
・Yahoo! JAPAN ID
・PayPay残高


これだけの重要な情報が登録されてしまっていますので、利用しないのであれば解約しないと危険だということがおわかりいただけると思います。


利用しないと特に気が付きにくく、気づいたときには手遅れになっている場合もあります。


情報の管理は、個人でしっかりしななければなりませんね。



PayPay解約時の注意点


PayPayを解約するにあたり、いくつか注意事項があります。


こちらにまとめましたのでご確認ください。


PayPay解約時の注意点

・ 残高が残っていても返金されず消滅する

・ 同じ電話番号で180日間、再開できない

・ 後日受け取る予定のPayPayボーナスの権利も消滅する

・ 解約の取り消しはできない

・ 再登録しても以前のデータは復旧できない



それぞれ解説いたします。



残高が残っていても返金されず消滅する


解約すると、仮にPayPay残高が残っていても消滅してしまいます。


PayPayマネー以外は現金に戻せませんので、解約する前に一度残高を確認して、残っていたら必ず使い切って下さい。


PayPayは利用できるお店が豊富にありますので、少額であればコンビニでお茶を購入するなどで利用できると思います。


救済する仕組みはありませんので、うっかり残高を残したまま解約しないようにしましょう。



同じ電話番号で180日間、再開できない


一度解約した時の電話番号は180日間利用停止の状態になります。


そのため、PayPayに素晴らしいサービスやキャンペーンが行われ、またPayPayを始めたいと思ってもすぐに始めることができません。


急ぎの場合は、別の番号の携帯を用意する必要があります。


通常は、180日経過するのを待つ形となります。



後日受け取る予定のPayPayボーナスの権利も消滅する


PayPayで支払ったり、サービスを利用したりして後日付与される予定だったPayPayボーナスを受ける権利もなくなります。


何かキャンペーンの時に大きな買い物をして、そのキャンペーン還元を受ける前に解約してしまうと、もらえなくなるということです。


そのため、解約の前に受け取る予定のPayPayボーナスがないかを確認してからにしましょう。


キャンペーンでもらえるボーナスは、結構時間が経ってから受け取れるようになっていたりしますので注意が必要です。



解約の取り消しはできない


一度解約をしてしまうと、いかなる理由があってももう取り消しはできません。


たとえYahoo! IDが残っていても、PayPayのアカウントとは別のものとなりますので復活はできません。


解約前にやり残しや確認漏れがないかどうか確認が必要です。



再登録しても以前のデータは復旧できない


先ほど簡単に説明しましたが、再登録しても解約時の情報は一切引き継がれません。


たとえYahoo! IDが残っていて連携したとしても、PayPayのアカウントとは別のものとなりますので復活はできません。


全くの新規登録となります。



またPayPayを始める可能性がある方は?


PayPayを今後利用する可能性が無ければ解約して大丈夫ですが、もしかしたらまた利用するかもしれないという方は、「利用を停止する」という方法があります。


利用停止の場合は、基本情報は残っている状態ですので、再開するときに以前の情報で再開できるというメリットがあります。


デメリットとしては、情報が残ったままですので情報漏洩や不正利用などのリスクが残ってしまう点です。


利用停止を行うために必要なことはこちらです。


PayPay利用停止でやること 1. Yahoo! JAPAN IDの連係解除
2. クレジットカード情報の削除
3. PayPayをログアウトする


以上の3つを実施すると利用停止することができます。



Yahoo! JAPAN IDの連係解除手順について


解除の手順はこちらになります。


Yahoo! JAPAN IDの連係解除手順 1. PayPayアプリを起動
2. 「アカウント」をタップ
3. 「外部サービス連携」をタップ
4. Yahoo! JAPAN IDの横の「解除する」をタップ
5. 「連携を解除する」をタップ


以上で連携は解除できます。



クレジットカード情報の削除


解除の手順はこちらになります。


クレジットカード情報の削除手順 1. PayPayアプリを起動
2. 「アカウント」をタップ
3. 「支払い方法の管理」をタップ
4. 残高が表示されるので、画面を左にスクロールさせる
5. クレジットカードの画面の左上「ゴミ箱アイコン」をタップ


以上で連携は解除できます。



PayPayをログアウトする


解除の手順はこちらになります。


PayPayのログアウト手順 1. PayPayアプリを起動
2. 「アカウント」をタップ
3. 「アカウント情報」をタップ
4. 画面一番下にある「ログアウト」をタップ
5. 確認画面が表示されるので「ログアウト」をタップ


以上でログアウトできます。



まとめ


最後までご覧頂きありがとうございました。


利用しないPayPayの解約までの流れ、解約しない場合のリスクと利用停止手順について解説いたしました。


手順として記載すると、面倒に感じる方もいるかも知れませんが、実際に操作してみるとそこまで難しいことはありませんので、利用しない方は個人情報を守るためにも解約しておきましょう。


また、しばらく利用しないけれども、PayPayを再度利用するかもしれない場合は、解約ではなく利用停止を検討してみてください。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。