セレンディピティな節約術

節約術やお得なこと、ポイントの獲得など生活に役立つことをご紹介します

マネックス証券で投資信託を行うメリットとは? ゼロ投信が魅力

マネックス証券で投資信託を行うメリットとは? ゼロ投信が魅力


投資信託をはじめる時、どの証券会社ではじめるかは投資商品を選定することと同様に重要な要素になります。


この記事では、マネックス証券で投資信託を行う場合の特徴とメリットについて解説いたします。


はじめにマネックス証券のメリットをまとめましたので、こちらをご覧下さい。



マネックス証券のメリット ・ノーロード商品が充実
・購入商品が豊富
・投資信託の残高に応じて、マネックスポイントがもらえる
・ゼロ投信つみたてで、手数料がキャッシュバックされる
・100円から購入可能



ノーロード商品が充実


マネックス証券は、ノーロード商品が充実しています。


ノーロードとは、購入手数料が掛からない投資信託のことです。


投資信託では、いかに不必要な支出を抑えることができるかが重要なポイントとなります。


そのため、ノーロードの投資信託商品が充実している証券会社で取引する必要がありますが、マネックス証券はSBI証券や楽天証券と同じくらいノーロード商品が充実している証券会社です。



購入商品が豊富


投資信託は、証券会社や銀行などで購入することができます。


ただ、株と違ってどこで取引しても同じ商品が購入できる訳ではありません。


そのため、取り扱い商品が充実していないと、自分が購入したい商品が取り扱っていなかったという事態になる場合があります。


マネックス証券は取り扱い商品こそSBI証券や楽天証券に及びませんが、この2社がずば抜けているだけで、マネックス証券も取り扱い商品は2社の次に豊富です。


希望する投資信託を購入できるチャンスが多くなり、資産運用がしやすくなるということにつながります。


ただ、取り扱い数が多いことが良いという事ではなく、取り扱っている商品のラインナップが良いからという理由になります。



投資信託の残高に応じて、マネックスポイントがもらえる


マネックス証券で投資信託を保有していると、その残高に応じてマネックスポイントがもらえます。


正確には、保有だけでなく、購入手数料のかかる商品の購入時にもマネックスポイントがもらえます。


少し残念ですが、マネックスポイントをもらえる対象商品は、有名な信託商品やほぼノーロード商品以外です。


ですので、マネックスポイントに期待して、ポイント目当てで購入することはおすすめしません。


マネックスポイントは、購入時の手数料に当てることができるだけでなく、JALやANAのマイル、Tポイントやnanaco、Suicaなどの電子マネーに交換ができます。


マネックスポイントの交換先

・購入・売買手数料

・JAL・ANAのマイル

・Tポイント

・nanaco

・Suica

・WAONポイント

・永久不滅ポイント(セゾン)

・日本赤十字社への寄付



マネックスポイントの使い道は魅力的なので是非欲しいところですが、もらえたらラッキーといった感じです。



ゼロ投信つみたてで、手数料がキャッシュバックされる


2017年9月から、ゼロ投信つみたてサービスが開始されました。


ゼロ投信つみたてとは、購入手数料がかかる投資信託の手数料をキャッシュバックするサービスです。


そのため、手数料がかかるため選択肢から外していた投資信託を、実質ノーロードと同じように購入できるため、選択肢に入れることで投資の幅を広げることができます。


キャッシュバック対象となる条件はこちらです。


ゼロ投信つみたて条件 ・つみたて購入のみ
・外貨建てMMF、外国籍投資信託、ETFを除く、積立可能な全投資信託


一部の投信が対象外ですが、購入手数料のかかる投資信託を「つみたて」で購入した場合が対象です。


余談ですが、こちらのゼロ投信つみたてですが、iDeCoも対象なのがさらに嬉しいです。



100円から購入可能


投資というとどうしてもリスクがあるため、元本割れを気にしてしまって中々踏み込めないという方もいるかと思います。


マネックス証券では、100円から購入できる仕組みになっています。


いきなり大きなお金を運用するということはおすすめもしませんし、怖いと思いますので、小額から始めてみたいというニーズにもぴったりな最低購入金額です。


仮に損をしても生活に影響が出るような積み立て金額ではありませんし、投資の勉強を実践で学べた授業料という感じですね。



idecoや積み立てNISAにもおすすめ


マネックス証券ですが、idecoや積み立てNISAも充実していて、投資信託と合わせて検討している方にはなおおすすめできます。


idecoは確定拠出年金のことで、将来の年金だけでは生活が豊かに過ごせないかもしれないので、年金資金を運用して自分で増やそうという仕組みです。


もちろん運用に失敗すれば資産は減ります。


idecoについて詳しく知りたい方のためにこちらにまとめましたので是非ご一読ください。

あわせて読みたい


積み立てNISAは、取り扱い商品が投資信託にかなり近く、ほぼ投資信託商品の運用に絞った制度といっても過言ではありません。


積み立てNISAと投資信託の違いは、それなりにあるのですが、大きな違いは運用益が非課税な代わりに、損失も計上できないこと、対象商品はかなり限定されていること、年間40万円までしか購入できないという点です。


投資のことを調べていると大抵はidecoや積み立てNISAのことも出てくると思います。


そのいずれにも柔軟に対応できているのがマネックス証券ですので、投資を行うには幅広く利用できますので便利な証券会社です。



まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。


老舗的存在のマネックス証券ですが、投資信託商品も豊富にあり、購入時や保有しているとマネックスポイントがもらえるといったサービスがあります。


特にゼロ投信つみたてのサービスが特徴で、選択肢から外していた投資信託で興味のある商品を選んでもノーロード商品と同じような扱いになる点が嬉しい限りです。


この記事が読んで頂く方のお役に立てば嬉しいです。